スポンサーリンク

午前5時半ごろ砂利船が接岸!ピンポイントの釣り座を除いて釣りにならず!

普段通り午前3時過ぎに岸壁に到着して午前4時頃から釣り開始します。暫くは沖合の浮きサビキ釣りです。ズボ釣り派豆鯵や豆鯖が釣れ盛りますが、大きいサイズを狙いたいのでズボ釣りは暫く休憩します。

ウキ釣りは、良いサイズの鯵、1尾目が手元でバラシ(これは残念でした!)2尾目は無事釣りあげることが出来ました。そのあと全く反応なしで明るくなり始めましたので、ズボ釣りに主役交代。なかなか仕掛けが落ちない(途中で豆鯵たちが喰ってくる)のに苦労しながら、仕掛けを落として大き目を狙います。

スポンサーリンク

砂利船が接岸

3尾目を釣ったころに、砂利船が接岸してきました。(※画像が撮れていませんでした)接岸がいつもより早いですよね。最近は午前6時過ぎが多かったのに今朝は午前5時半ごろです。

深夜-早朝組は蜘蛛の子を散らすように帰って行きましたが、残った数人の内たった一人の一か所の釣り座だけ次々と連れて後の釣り座(船の接岸で数も限られている)は蚊帳の外。

全く釣れません。こんな不思議なことがあるのか?というくらいに一か所に集中して釣れています。一人が横に入らせてもらって何尾か釣りましたが、船の影響で潮流が変化したのでしょうか?そこだけが面白いように釣れています。

こんなこともあるんですね。

一か所だけが特異的に釣れることです。珍しい光景を見せてもらいました。もちろん釣りたかったのはやまやまですが、珍しい光景に出会うのも楽しみの一つです。今朝は、仕事で大阪方面に出かけますので、早々と引き上げますが、この光景はしっかりと記憶に残しておきたいと思います。

因みに、御坊近辺の釣り情報として、「浜の瀬漁港」の沖波止で型の良い鯵が深夜から早朝にかけてよく釣れているらしい。私は、昼間に活動しなければならないので今のタイムスケジュールが精一杯ですが、(一人50尾とか?)休日前なら一度は行ってみたいと思うような釣れ方らしい。

浜の瀬漁港の時合い

昨日は夕方から夜にかけて煙樹ヶ浜に試しに行ってみようと思いましたが、雨で中止にしました。それで今朝聴いた情報では「深夜1時頃から朝4時頃までが時合いとか?」それなら昨日行かなかったのが幸いでしたよね。おそらく行っても全くの空振りだった可能性が高いでしょうから。

時間の都合が付くまでは、日高港湾の釣りを極めることに集中しなければなりませんね。

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事