浜の瀬漁港に匹敵する釣果を上げることができないか?日高港湾の鯵 サビキ釣り

浜の瀬漁港の沖波止で良いサイズの鯵がよく釣れているという情報が聞こえてきています。時合いは午前1時から午前4時の間に来るらしいのですが、釣り座の数が10人分程度と狭い場所になりますので良い釣り座に入りたければそれだけ早くから場所取りをしなければならないことになります。

スポンサーリンク

午後11時台

恐らく午前零時頃から出かければ「釣りになる程度の釣り座」は確保できるでしょうけど「気分良く座って時合いを待ちたければ」前日の午後11時台から行くことになるでしょうか?午後11時に出かけたとして明るくなれば釣れないということから終了が午前4時かな?

釣行時間は5時間程度とさほど長くはありませんが時間帯が深夜になりますので翌日のダメージが相当なものになりそうです。「どうしても行ってみたければ休日の前の日とか」今日明日すぐにという訳にはいかないようですね。

鯵の回遊

「浜の瀬漁港」でそれほど良く釣れているなら「日高港湾にも1日か2日遅れにはなるだろうけれど鯵の回遊がある筈では無いだろうか?」と思いながら岸壁に着いて話を聞いてみると昨日の午後あたりからボチボチ釣れ始めているらしい。「20~25センチ未満の鯵」浜の瀬漁港の沖波止とサイズが似通っているので少しずつ回遊して来ているのでしょうか?

実績のある釣り座

今朝はフェンス際も空いていましたが、2つ目のビットの手前が久しぶりに空いていたので迷わずここに決めました。フェンス際が憧れの釣り座とすれば、此処2つ目のビットの手前は、私にとって釣り慣れた実績のある釣り座です。

最近のパターンに沿って釣り始めます。初めはウキを付けた投げサビキからです。20m程度冲に投げます。棚はフェンス際より少し浅くしています。暗い内は3ヒロという人もいますが、私の仕掛けは5ヒロあるかな?「周りがよく釣れているのに釣れない」なんて事さえなければ「朝マヅメのトツカ鯵はこれ位で良いんじゃないか?」と適当です。

仕掛けが沈んで行かない

ウキ釣りで2尾ほど良いサイズの鰺を釣っているうちにズボ釣りの方が忙しくなってきました。仕掛けを投入しようにも錘が沈みません。投入とほぼ同時に豆鯵や豆鯖が喰って仕掛けが沈んで行かないのです。底の方には良いサイズの鯵が来ている筈なので深い棚で釣りたいのになかなか釣らせてもらえません。

だまし討ちのように豆鯵豆鯖の裏をかきながら投入して、深い棚に入れば、ソコソコのサイズの鯵が喰って来ます。これを何度も繰り返していいサイズの鰺を増やしていかなければなりません。

大きな鯵1尾が釣れる間に5~10尾の豆鯵豆鯖が釣れます。結果的にいいサイズの鰺は21尾釣れました。まだまだ釣れそうでしたが、新しく撒き餌の封を切るタイミングで納竿としました。3kgのアミエビブロック1個持ち帰ります。明日もこんな風に釣れたらいいな。そう思いながら帰路に着きます。

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事