スポンサーリンク

月曜日、余裕な釣りの筈が「砂利運搬船」の入港でリタイヤの羽目に!和歌山県 日高港湾

「午後から大雨で、午後から仕事で和歌山市内に!」午前8時頃まで余裕の釣りだったはずなんですが、「砂利運搬船が入港して釣り座が塞がれました」ので泣く泣く帰って来ました。

昨日は全く釣れなかったチャリコも釣れそうだったのに残念です。今回の土日の釣りの釣果はイマイチでしたが、いつも感じのいい神戸の大物釣り師が日曜から来て話せたのが良かったのと、昨日「タコ」が釣れた事が収穫だったかな?

「神戸の釣り師は今日までの釣り」ということで船が出港するのを待っていたようですが、今ごろ「釣り再開」出来たでしょうか?この次逢った時に聞くことにしましょうか?

スポンサーリンク

これでも早起き

今日は、雨が控えているので釣り場は空いて居そうですが、雨が来るまでの時間が迫っていますので、余裕と言いながらも時間に追われる釣りになりそうで、少し早く出かけました。いつもなら3時起床の所を3時出発の僅かな差ですが、これでも早起きしたつもりです。

あ、3時とか3時半とかが当たり前になりすぎですよね。3時半で普通で3時で早起きなんて異常な世界ですよね。それでも日高港湾通いの中では遅い方の部類ですから基準がズレてしまっているんですよね。

早寝早起き

3月中旬から日高港湾に通い始めて「早寝早起き」にやっと慣れてきました。最近では夜8時台には寝ています。これで2時台に起きているのですから、2時までに日高港湾に着いて居る人たちはおそらく1時か0時台に起きているんでしょうね。

彼らは何時に寝ているんでしょうか?今度ゆっくり聞いてみたいと思います。岸壁に早朝出勤も冬場はつらいですが、日の出が早い今の季節なら何処か健康のためのような錯覚もあって夜明けに釣りをしている事が気持ちよくさえ感じてしまっています。

真面目に釣りました

船が入ってくるまで今日の入港を知りませんでしたが、なぜか話したりウロウロしたりせずに真面目にコツコツと釣っていました。朝マヅメに型の良い鯵が全く釣れなかったので「浅棚で豆鯵豆鯖小イワシ」を地道に釣っていました。

明るくなってからは、昨日痛い目に遭った「チャリコ釣り」をしようと釣り座を移動しかけたころに船が入ってきましたので、チャリコは1尾どまりで残念です。雨上がりに海況が変わらなければ再チャレンジですね。今までチャリコ最多が8尾ですから、出来れば二桁釣って「今年の春の鯛の記録」にしたいですね。では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事