釣り日誌一覧

潮まわりは最悪だけど天気もいいし微風だし。時間を作って釣りに行こう。日高港湾へ。

潮時表を見れば最悪の潮まわりですが、釣りには最高の天気「たぶん今年最後の釣り日和」(嫁さんに言わせればそのような意味のことを私はいつも言ってるらしいが・・・)日和を見て釣りに行けるなんて「ジモティー」ならではの利点ですから行かないわけにはいきません。釣りに。理屈はいくらでも付けられます。

「太刀魚てんや」はワームを生餌に換えたようなものだからワームに生餌の切り身を付けたらいいんじゃないか?

いつも「バカな事ばかり」思いついては試していますが、本日のネタは良いアイデアだと自負しています。要するにいつも太刀魚を釣っているワームに秋刀魚の臭いをつけてやろうというものです。「そりゃあ釣れるでしょ」ってか?

昨日の爆釣が忘れられないらしく「今日も釣りに行きたい」と孫がせがむので日高港湾へ。後半「太刀魚エサ釣り」

昨日の「サビキ釣り爆釣」が忘れられないらしく。家に泊まっていた小学3年の孫が「今日も釣りに行きたい」とせがむので「昨日もつれて使い物にならなくなったサビキ仕掛けを修理して、準備するところからやるなら行こう」と言うことで仕掛けの作り直しから餌の準備、クーラーの準備等手伝わせました。

日高港湾にて小鯵・小鯖爆釣。太刀魚も追加。36cmヘダイ。孫も参戦。鯵ジャンボ

土曜日は大人しくしているつもりでしたが、小3の孫が釣りに行きたいということで午後から場所取りに。孫君は「塾が終わり次第参戦」と言う予定で日高港湾へ。孫が来ればサビキ釣りになりますが、少し大きいのも欲しいので暫くはカゴ釣りでやってみます。

早朝の日高港湾で「太刀魚:ワーム」「アジ:ジグサビキ」昼のおかずに「太刀魚の焼肉のたれ和え」が目当てです。午前3時半起床。

日高港湾で釣りをしている時に 小耳にはさんだ「太刀魚料理」。 細い太刀魚なら「せごし」の要領で 「太い太刀魚なら刺身」にして、 とにかく細く刻んで「焼肉のたれ」で和えます。 これに「ごま油」「ネギ」「ニンニク」「唐辛子」 等の薬味を添えて絶品の太刀魚料理です。

「激波止!」一度やってみたかった釣り三昧。日高港湾で昼から半夜まで8時間。潮目は大潮でした。

少し釣り方も覚えて、釣り友たちが太刀魚の半夜釣りで出会うと「今日は、昼から来てるんや!」とか言っているのを見て「良いなあ」と憧れていました。太刀魚釣りは少しは釣れるようになったけど、日高港湾での鯵のかご釣りは「まだまだの状態」なので「鯵のかご釣りの練習」も兼ねて、また「鯵ジャンボの効果」も確かめたくて8時間の釣行をやってみました。

日高港湾、岸壁から太刀魚の半夜釣り。10月7日、8日の釣果は。

太刀魚の半夜釣りが面白く、丁度時間帯の合う釣り友が何人か出来たので「釣り情報収集」も半分、釣れても嬉しい楽しみの一つになっています。みなさん飽きもせずに毎日通ってきていますよ。それぞれ何処が悪いとか今日は医者に行ったとか言いながら通ってこれるんだから健康なんですね。私も仲間に入れて貰えているのかな?。

大阪ナンバー、なにわナンバー、垢抜けした車が大集合。中古車展示場じゃありません。日高港湾の岸壁です。

10月7日日曜日。今朝は釣りにならないのを覚悟で、日高港湾に出かけてみました。午前4時前です。案の定「県外ナンバー」のキレイな車が多いですね。軽トラは、いつもより少ない(無い?)みたいです。私は、軽トラ1号で出動していますので軽トラは最低1台はあることになります。本日は大型発電機持ち込みの釣り師は居ないようで賑やかな発電機の音は聞こえてきません。