こんなモノまでダイソーに売ってた!?「ダイソーのシモリ玉ってどうよ?」#釣り具 #ダイソー #100均釣り具

ウキ釣りをするときに竿の長さでは扱いきれないタナを釣る場合があります。こういう時には、誘導ウキにして釣るわけなんですが、この誘導ウキが目的の棚にピタッと止まってくれるようにするのがウキ止めであり、このウキ止めは投げたり取り込んだりで簡単に動いてしまっても使い物にはなりません。かと言って大きくて投げるのにも巻き取るのにも邪魔になるようでも釣りになりません。

道糸には小さなウキ止めを固く結んでおいて、そこに止まるように小さな樹脂製の球を通しておきます。これが「シモリ玉」です。このシモリ玉を使わずに(使ってもいいが)うきをセットする部材として「ウキペット」等の品物が売られていますが、私はこれは信用していません。なぜか私にはトラブルのもとで最近では全く使わないようになってしまいました。

では「どのようにウキをセットしているか?」というと「大きめのスナップ付きサルカン」を通して使っています。ですのでシモリ玉は必需品となっていて少しでも安価で良いものがあれば即買ってストックしています。今回もお気に入りのダイソーショップでこのシモリ玉を見つけましたので早速買って内容を確かめてみたいと思います。

スポンサーリンク

個数は少しお得感?

画像で、釣具屋のシモリ玉と比べてみると、少し球数が多い様子です。「ちょっと得かな?」って感じですが、どうもダイソー商品の方が仕上げ状態が雑そうで気になります。「蛍光」とも書いていますが、シモリ玉に「蛍光」はあってもいいですが、しいて必要ではありません。

 

球の大きさは釣具屋の物の「小」くらいでしょうか?サイズは私が買ったダイソーの売り場ではこのサイズ1つでした。私にはこのサイズさえあれば、十分なのですが、ほかのサイズが欲しい人もいるかもしれませんね。特に私が気にするのは玉に開けられた穴がテーパーであるかどうかです片方の穴が小さい方が小さく結んだウキ止めでも止まり易いんじゃないか?と常々思っていて、私はウキ止め側を小さい穴の方と合わせています。

 

これは確実に止まってほしいからで、浜の遠投サビキ釣りなどでは道糸に3号を使っている代わりに力糸に8号を繋いでいて、めったに棚が変わらないから8号の途中に「8の字結び」を入れてウキ止めにしているくらいですから、シモリ玉の穴は小さい方が安心できます。ところがダイソーのシモリ玉に開けられた穴は両側「テーパーの品物の大きい方くらいの大きさ」です。

シモリ玉として買うならテーパーの穴

こんなこだわりを持ってるのは私だけかもしれませんのでダイソーさんには申し訳ないことですが、私の評価としては「このシモリ玉は使いません。」テーパーなしの穴が開いた樹脂玉ならビーズの売り場を見れば同じ100円で画像のような数が買えます。釣り具専用といって100円で12個程度買うならビーズ細工用から選んでたくさん買う方が得かもしれません。穴の大きさもさほど変わらないように見えます。

 

どちらにしても、たぶんウキ止めに使うのは同じダイソーに売っているゴム製のウキ止めを想定しているのでしょうが、ゴムのウキ止めはたとえ100均でなくて高価なものを使ったとしても信用できませんから(動いてしまうので)私は使いません。ダイソーさんの商品はなかなかいいもので私のブログでは及第点を多く付けさせてもらっていましたが、今回ばかりはいい評価を差し上げることができません。

 

初めて「よくない」と評価させていただきます。これは私だけの評価ですから他に「良い」と評価する方も居られるかもしれませんので、実際に購入をお考えの方は、別のご意見も参考にされることをお勧めいたします。今回の結果はこのようなものでしたが、ダイソーの釣り具には良いものが多く実際私もいくつかお世話になっています。

 

それだけに今回は残念に思われます。
これからも折に触れ安価で実用的な釣り具を探してリポートを続けていきたいと思っています。  

 

では、また。