釣り道具探求一覧

サビキ釣りにベイトリール「左巻きならかなり便利」日高港湾 鰺釣り 2019年6月29日

日高港湾で鯵釣りを楽しんでいます。「リールには主なものとしてスピニングリールとベイトリールの二つが存在する」ということでまったくの興味本位でベイトリールを練習しています。上げ下げだけの練習ですがそれでも初めはバックラッシュに悩まされました。

サビキかごに付けるテンビンの自作「渋い時期の投げサビキ」 鰺釣り 投げサビキ釣り

この季節の波止からの鰺釣りといえばポピュラーなのが「豆鰺釣り」です。トツカ鰺と呼ばれる刺身にできそうな型のいい鰺はお馴染みではありません。食べる意味での鰺の旬は6月くらいといわれていますので、少しでもサイズのいい鰺が釣れたら嬉しいですよね。

簡単!針金とボールペンの芯で作る「タイイング用ボビンホルダー」 釣り具 自作

釣りには「サビキ針を自作したり」「竿を修理したり」釣り具に糸を巻き付けるシーンが意外に多くあります。その都度イチイチ、ボビンをもって巻いていたのではラチがあきません。小さな部品などに細かくきれいに糸を巻くのって意外と難しいものなんですね。

おかず釣り師が行く!ていぼう日誌 ~番外編 サビキ改造の巻~

近頃は鰺も釣れ渋って、気の抜けた釣りでは相手もしてもらえない始末です。昨日も仕掛けに何の工夫もなく「浜の仕掛け」そのままに終盤の鰺の半夜釣り(投げサビキ釣り)に出かけましたが、結果としては「知り合いの釣り師と旧交を温めただけ」に終わってしまいました。

おかず釣り師の休息「サビキの修理をしています」

「釣りに行かない日も釣り具弄ってるんやね」嫁さんにからかわれながら、サビキの修理をしています。ご存じのようにハヤブサの蓄光サビキは高価なサビキです。バーゲンで買える安価なサビキでは喰ってくれません。秋の頃ならそれでも喰ってくれましたが、この頃では蓄光もしくは同じレベルの良いサビキじゃないとダメなんですよね。

釣り道具探求「鯵のサビキ釣り(夜釣り)にケミ蛍」ってどうよ?

釣りを始めてまだ集魚ライトをもっていなかった頃(2018年ころ)のことです。日高港湾の深夜の鯵釣り(サビキ釣り)で、ケミ蛍をつけて釣っていたら「太刀魚釣りか?」と笑われたことがありました。笑った人も無知だったと思うのですが、鯵釣りにケミ蛍を使う習慣が私の界隈にはなかったようで、鯵ホタルやケミ蛍、ケミカルライトなどが定番商品となっている中で私たちは「別の釣りの話」のようにその商品情報の蚊帳の外で過ごしていました。

「サビキ釣り 目からうろこの かご改造」となりより多く釣るための 魔改造!

「魔改造!」なんて少し大げさです(暇改造がちょうどいいくらい?)が、私が今通っている釣り場でどうしても追いつけない釣果の友人がいます。同じ仕掛けで釣っていて追いつけなければ腕の問題に直結しますから、(わかっていても)そういう屈辱は味わいたくないので自分の得意な仕掛けで何度も挑んでみましたが、追いつけません。