2019年11月一覧

タッチレスでサビキ釣り「ハリス持ち 太刀魚はさみの タッチレス」手が臭くならない方法はないものか?

鯵のサビキ釣りで困りものの一つといえば「手の匂い」ですね。去年(私が煙樹ケ浜に通い始めたころ)は、軍手をして手づかみ(サバ折り)で〆めていました。小さな鯵は海水を入れたバッカンに針外しで外して入れるようになり、あとは100均で買った観賞魚用のタモを使ってクーラーで氷〆。

「自作でも 釣れるものかと 試し釣り」自作サビキ 投げサビキ釣り 鯵釣り

暗くなってからの釣行となってしまいました。自作サビキでの投げサビキ釣りです。撒き餌はアミエビ3㎏投げてしまうつもりですので帰りは少し遅くなりそうですね。好きなことですから退屈しないでしょう。終盤ごろ雨の予想が出ていますので気がかりですが防寒着は防水ですので何とかしのげるでしょう。

浜から鯵の半夜釣り「荒れるなら 凪まで待とう サビキ釣り」サーフサビキ 11月21日

初冬の安定しない天気。去年はこんな感じじゃなかったのに。紋切型に季節が変わるなら釣りの醍醐味は半減していただろうか?多分そうだと思いますよね。どう変わるかわからないところが面白いんだから。それでもこんなに安定しない天気が続けば拗ねてみたくもなるもんです。

「サーフサビキ」浜から鯵を釣ってみよう!第3章

「鯵釣り」と言えば波止釣りがすぐに頭に浮かびます。私はオカッパリ専門なので沖釣り(船釣り)は外して考えてください。大鯵狙いなら沖波止や水深のある外洋に近い波止などが有望ですよね。「サーフ(浜)で鯵が釣れる?」初めて聞いたときには信じられませんでした。実際に自分で釣ってみるまでは。此処では、私が足しげく通う「煙樹ヶ浜:和歌山県中紀)での経験を中心に話を進めていきます。

「サーフサビキ」浜から鯵を釣ってみよう!第2章

「鯵釣り」と言えば波止釣りがすぐに頭に浮かびます。私はオカッパリ専門なので沖釣り(船釣り)は外して考えてください。大鯵狙いなら沖波止や水深のある外洋に近い波止などが有望ですよね。「サーフ(浜)で鯵が釣れる?」初めて聞いたときには信じられませんでした。実際に自分で釣ってみるまでは。此処では、私が足しげく通う「煙樹ヶ浜:和歌山県中紀)での経験を中心に話を進めていきます。

「サーフサビキ」浜から鯵を釣ってみよう!第1章

「鯵釣り」と言えば波止釣りがすぐに頭に浮かびます。私はオカッパリ専門なので沖釣り(船釣り)は外して考えてください。大鯵狙いなら沖波止や水深のある外洋に近い波止などが有望ですよね。「サーフ(浜)で鯵が釣れる?」初めて聞いたときには信じられませんでした。実際に自分で釣ってみるまでは。此処では、私が足しげく通う「煙樹ヶ浜:和歌山県中紀)での経験を中心に話を進めていきます。