2020年08月一覧

おかず釣り師が行く!「激渋り 夜明けの鰺は 棚を追え」#波止からの鰺釣り #かご釣り 

秋の波止釣りシーズン直前ですが、猛暑続きで喰い渋る波止釣りの攻略を目論んでいます。夜明け前の鰺の泳層を意識しながら「釣り始めから明るくなるにつれて深くなっていく棚の変化を見据えた釣り」を心がけています。ピタリとはまった日の達成感から棚の迷子になってしまった屈辱感。それぞれを味わいながら自分なりのロジックを醸成できれば良いかな?

おかず釣り師が行く!「高水温 深い釣り場で 鰺狙い」#鰺釣り #カゴ釣り #イワシ釣り

猛暑続きで水深の浅い釣り場では、良いサイズの鰺はかなり釣れ渋っています。今回は少しでも水温の安定が望めそうな深場の日高港湾に場所を移して3日間、続けて釣行してみました。(日高港湾では)最近までは何とか鰺(20㎝クラス)も釣れていたらしいのですが、ここ数日は此処も渋くなってしまったようです。

紀州の秋祭り。秋鯖が獲れ始めたら「なれずし用のサバの塩漬け」が始まります。

(※この記事は2018年8月27日付の記事をもとに写真を追加して再構成したものです)世界に広まった日本食の代表の一つと言えば「寿司」ですね。そのルーツの一つと言われる「なれずし」が今も紀州(和歌山県)の秋祭りの「定番の食べ物」として食されています。

おかず釣り師が行く!「デカ鰺は サビキで釣れず オキアミで」#鰺釣り #波止釣り #半夜釣り

去年もそうだったのか?定かな記憶はありませんが、今年の波止は今のところ鰺が釣れません。私なんかが釣れないと嘆くのはいつものことですが、ベテランのしかも名人と一目置かれる釣り師までもがボーズで帰るほど釣れないんです。豆鰺は釣れています。

おかず釣り師が行く!「梅雨明けも まだ明けきらぬ 夏の釣り」#鰺釣り #投げサビキ #半夜釣り

梅雨が明けてしばらく経ちましたが、「これが夏の鰺釣り??」「もっと釣れていいのでは??」という状況が続いています。釣り場に赴く私たちもただ漫然と同じ釣りを続けているのではなくて日々様々な改善を繰り消して釣果アップへの努力をしているわけなんですが、一向に釣果の方が上向かず「これが夏の鰺釣りなのか?」と「波止場に立ち尽くす日々」を繰り返しています。