波止釣りにコレがあれば重宝します。「車止めに留めるロッドホルダー」を作ってみる。 #波止釣り #ロッドホルダー #サビキ釣り #サビキのズボ釣り

波止釣りでサビキ釣りをする場合、投げサビキではなくてズボ釣りの場合(ズボ釣りとは、ウキを付けずに竿下に落として釣るサビキ釣りの基本的な釣り方)長時間の釣りになれば竿を持っていることが疲労のもとになります。もちろんサビキかごに餌を入れたりシャクッたり・・と釣れた時には竿を持ちますがそれ以外の時間は主にロッドホルダーに置いてアタリを待ちます。

この時に頼りになるのが確りしたロッドホルダーで、必要な機能は堅牢さと竿の載せ下しの容易さと確かなホールド性。後はしゃくり易さでしょうか?私は、このサビキのズボ釣り用にロッドホルダーを市販の安価なものから選んで使い始めましたが、何も持っていなかった頃に比べれば竿をホールドしてくれるだけでもありがたかったのが、慣れてくるにつれて便利な使い方のできるものが欲しくなってきました。

市販のもので(特に安価なもののうちには)シャクリ難かったり載せ下しがしにくかったりとなかなか気に入ったものがありませんでした。ある時知り合いから大工道具のF型クランプに手を加えたものをもらって使ってみましたが、これがなかなか使い勝手のいいものでした。気に入って使っていましたが、「万一これが壊れたり置き忘れてなくしたりしたら代わりがありません。ということで、今回予備といえば予備ですがメインとしても十分使い勝手のいいロッドホルダーを狙って作ってみることにしました。

スポンサーリンク

シャクり易そうなロッドホルダー

アーク溶接機は以前からうちにありましたが、全く使ったことがなくて宝の持ち腐れ状態になっていました。今回これを使って波止場の車止め用のロッドホルダーを作ってみたいと思います。溶接はこのためにいくつか練習用の工作物を作って少しは確実な溶接ができるようになりました。まだまだ仕上がりは熟練者ほどきれいにはできませんが、とりあえずは壊れずにくっついているものができればOK.ということでやってみます。

材料はアマゾンで買った安売りのF型クランプ(だいたい1000円くらいでした)ロッドホルダー部分は中古品ですがシャクリ易そうなので大事に保管していたものです。この二つを溶接で合体させて作ろうと思います。まず初めにロッドホルダーのピトン部分の丸棒の部分だけ使いますので余計な部分はカットします。

高速カッターでカットします。カットが済めば次は溶接です。直角がキチンと出るように磁石の治具を使います。初めに磁石で固定しておいて溶接でチョン付け出来たら磁石を撤去して本格的な溶接に掛かります。私の持ってる溶接機は初歩的なもので溶接棒も一番細いタイプを使っています。ですので、片面からだけ溶接してもすぐにはがれそうで、しっかり止めるためには溶接部分をぐるりと一周しなければならないでしょう。

溶接した後は念入りにチェック

何しろ私にとっては大事な竿を載せる機材ですので溶接の仕上がり具合は念入りにチェックします。金槌で溶接かすを叩き落した後も強めにたたいて壊れないかを確かめますし、出来上がったものを引っ張ってみたり曲げようとしてみたり考えられることを次々どやってみます。

何とか強度はありそうですので、ぷつぷつと残った溶接かすや歪な部分をサンダーで少し削ります。かっこよく言えば仕上げでしょうか?一通りサンダーを当てたら次に簡単に塗装します。素人が仮に精一杯丁寧に塗装しても海辺で使うものですから錆びるのはすぐでしょうから、それほど念入りな塗装はしません。

簡単にサンダーを当てた処を中心にスプレーします。何色かのスプレー持っていましたが今回は黒で良いかな?簡単にスプレーするつもりでしたが結局時間をおいて3回もスプレーしてしまいました。目的が溶接部分のさび止めですからこんなもんで良いでしょう。錆びてくればまた磨いてスプレーします。

出来上がったら、ブロック塀に留めて眺めてみます

ブロック塀に留めて強度を確認します。先ほどにも溶接の強度を確認しましたが、此処ではクランプ部分を含めての全体的な強さを確認しておきます。体重をかけて(80kg)ぶら下がってみたわけではありませんが、ぐいぐいと引っ張った程度では問題無さそうでした。

ここまで出来たので私も溶接に少し自信が出来ました。また、何か思いつくものがあれば作ってみたいと思っています。ただ「調子に乗って痛い失敗をしないように気を付けねば」と肝に銘じてチャレンジしてみたいと思っています。  

 

では、また。