地域情報一覧

「秋深き 隣は何を する人ぞ」松尾芭蕉 「棚深し 隣は何を 釣る人ぞ」

夜釣りや早朝の釣り。私が通う日高港湾は、車横付けの釣り場ですので高齢の釣り師が集う釣り場でもあります。朝マヅメを狙う早朝の釣りでも場所取りは午前1時頃から始まっているようです。1時でまあまあ2時では遅いと言われているくらいですから。年老いても趣味の世界でも現実は競争社会なんですね。

「秋の夕日に」もみじの話です。紀州にも標高の高い高野龍神スカイラインがあります。

紅葉は、色づき始めてから終わるまでの期間が約1カ月と言われ、見ごろは色づき始めて20日程度経ったころです。見ごろの時期は北海道が10月頃、東北地方が11月頃その他の地域はだいたい11~12月上旬頃だと思われます。そして 山間部はこれよりやや早くなります。

和歌山県でもリンゴができるんやあ!?

「つがる」という品種には思い出があります。お母ちゃん(嫁さん)と 付き合っていたころ、秋の信州に旅したときに、お母ちゃんが「リンゴの畑が 見たい」と言い出して新島々の近くの波田から南に下がったあたりのリンゴ畑に お邪魔したことがあるんです。

自己責任でお回りください。阪和道(有田南-御坊インター)の渋滞時。「国道42号線に迂回」がおススメです。

阪和道開通前は、お盆ともなれば大変な渋滞で、印南から湯浅まで6時間とか、御坊から湯浅まで4時間半とかの話が聞かれたこともありました。 私も、当時帰省した弟の車を道案内(海沿いの旧道を北進:先導)して湯浅まで送り、帰りに国道をかえった(南進)とき、北進の国道が夜中でしたが大渋滞。 車が動かないので、若者たちのグループが道端の空き地で音楽をかけて踊っている光景を見かけたことがありました。こうでもしないとやってられなかったのでしょう。

盛夏、絽と紗、木綿と浴衣、きもの

絽と紗何のことだか、わかる方はどれ位おられますか?私は、名前くらいしか知りませんでした。高級な織物らしいので庶民の私には縁遠いものでしょうけど。 「着物って、何枚も着て暑苦しいよな。」「今ほどでなくても、昔も夏は暑かったはず。」では、「昔の人は、夏。何を着ていたんだ?」