「秋の夕日に」もみじの話です。紀州にも標高の高い高野龍神スカイラインがあります。

9月も終わりになれば、

北海道から信州の高地から「紅葉」の便りが届き始めます。

スポンサーリンク

紅葉前線

紅葉は、

色づき始めてから終わるまでの期間が約1カ月と言われ、

見ごろは色づき始めて20日程度経ったころです。

見ごろの時期は北海道が10月頃、

東北地方が11月頃

その他の地域はだいたい11~12月上旬頃だと思われます。

そして 山間部はこれよりやや早くなります。

信州の乗鞍高原辺りなら北海道と変わらないかな?

私の暮らす紀州にも高地があります。

高野龍神スカイライン界隈です。

この辺は北海道から1カ月ほど遅れるでしょうか?

紅葉が見ごろを迎えるのは

10月の終わりから11月の初めころだと思います。

乗鞍スカイライン

乗鞍スカイライン

マイカー規制も何もなかったころ

車で畳平まで何回か行きました。

真夏に雪が残っているんですよね。

息子と二人で山上付近で車中泊もしました。

向こうでペットボトルを1回空けて蓋をして

帰ってくると気圧の関係でぺしゃんこになるんです。

息子は大喜びでした。

マイカー規制されて何年たつでしょうか?

行くならバスでは登りたくないですね。

無理ですけど。

だからと言っては何ですが

だからと言っては何ですが、

高野龍神スカイラインが嬉しいです。

ま、近いということもありますが。

有難いことに「世界遺産登録」にあわせて

2003年から通行料が無料化されて

国道371号になったので利用しやすくなっています。

心配される台風21号の影響は、

一時通行止めでしたが9月7日に解除されています。

「護摩山スカイタワー」と「道の駅」は

停電で休業していましたが、

11日から営業再開と言うことで、

このまま何事も無ければ今年の紅葉シーズンには利用可能と思われます。

紅葉になる条件とは

紅葉になる条件は、

秋になって

1日の最低気温が8度以下の日が続くと色づき始めて、

さらに5度以下になると一気に進むということです。

美しい紅葉の条件には

昼夜の気温の差が大きい」「日照時間が長い

湿気が少ない」などの条件がある様で、

一般的に紅葉の名所というところは、

この条件を満たしている山岳地帯が多いようです。

高野龍神スカイラインのアクセス

高野山から入るか龍神から入るかに依りますが、

白浜温泉に泊まってから龍神に入るには

国道311号線で「鍛冶屋川口」から

県道198号線に入り龍神村に入って

国道425号線にあたります。

交差点は三差路になっていますので、

右折して425号線を東進します。

国道425号線は「龍神街道」と呼ばれ、

それだけでも気分がいいですね。

龍神街道は

「和歌山県龍神行政局」前少し手前の三差路から

「国道371号線」に変わります。

そのまま道なりに進めば

「旧高野龍神スカイライン=現国道371号」へと至ります。

旅行計画や宿泊予約

龍神温泉に宿は少なく予約も大変かもしれませんが、

白浜温泉や勝浦温泉その他にも

いくつか温泉街がありますので探せば何とかなるでしょう。

朝1番に宿を出て勝浦からなら

3時間ほど白浜からなら2時間程度の行程ですので、

さほど遠い距離ではありません。

海岸線を辿れば、熊野古道「大辺路」を通るルートですね。

前泊が本宮近くなら中辺路回りで

龍神を目指すのも良いかも知れません。

熊野古道「中辺路」を通るルートですね。

ただ、シーズンには

高野龍神スカイライン」も渋滞が発生するようですから、

心構えは必要ですね。

「赤や黄色の色さまざまに」

今年も龍神に紅葉を見に行きませんか?

では、また。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする