まだ「煙樹ヶ浜の鰺釣り」に行けません。昨日は近くの浜に「サーファー」が集まって波乗りをしていたらしい。なので「日高港湾」に釣行しました。

スポンサーリンク

サーファーが詰めかけて

今日から3月です。煙樹ヶ浜での鯵釣りは「例年なら1月半ばまで」と言われていましたが、今年は2月末までは釣れました。私にとっては初めてのシーズンでしたので嬉しくて「月日の経つのは夢のウチ」状態で過ごしてきました。このあと3月からはどうなるのか?不安でもあり、楽しみでもありますが。

 

今のところ海が荒れ模様で御坊市内名田町の「かべごの浜」には昨日サーファーが詰めかけてサーフィンをしていたらしい。寒さは気にならないのでしょうか?{私が言うことでもないか?!)ただ、ここでサーファーを見かけるのは台風接近の頃ですから「それだけ(台風接近のころのように)波?うねり?が大きかった?」ということなんでしょうか?

釣果に歴然と差が出ます。

近頃の私は釣り以外の用事が多くて「煙樹ヶ浜の鰺釣り」なら、夕方から夜にかけての半夜釣りが中心なので「仕事と釣り」の両立が比較的容易でした?が?

日高港湾」やその他の釣り場となると釣れる時間帯も違いますし、釣り方も細かなところまでは分かりませんので、「また始めから」ということになります。

暫く通って色々慣れないと「思ったような釣り」ができませんのでそれまで時間がかかりますよね。たまに釣行して(相手任せで)釣れたり釣れなかったりは何度も経験済みですが

初心者ですから「いろいろ知った上での釣り」にしたいので、これにはそれなりに数をこなさないと程遠いものがあります。「煙樹ヶ浜の鰺釣り」ができない間、「8時の人やE氏」も日高港湾に来ていますが、釣り方の練度や釣果は私とは比べるべくもないくらいに差があります。

「誰でも釣れるイージーな日」にはこの差は分かりませんが「今日は釣れ渋っている!」なんて日には、釣果に歴然と差が出ます。才能やキャリアの差がこんなにも大きいのか?!と愕然とさせられます。

「腕の差」それはそれとして

「今日の日高港湾」は前回よりも時合いが短く「特に私には苦手な釣り」になりました。時合いは明るくなる時のほんの30分程度と短いものでした。

この時合いに呑気に棚を合わせなおしたりウキをつけたり外したりしていては、(私の事です)釣れるものもつれませんよね。集中的に釣らなければ!釣りに来てるんですから!気構えが大事です。

特等席ではありませんが

「日高港湾の釣り」は、いつも書いているように場所取りから始まります。(私にとっては)場所取りがすべてと言っても良いくらいです。

今日は、午前3時に起きて3時半には家を出ました。「日高港湾」に着いたのは午前4時ごろだと思います。雨上がりで砂利船も(この時は)無く楽勝かと思われましたが、2つ目のビットまでは既に先行者がいて私は3つ目のビットの少し沖側になりました。(この後砂利船が丘側に1隻入港しました)

ま、特等席ではありませんが1等席程度のところです。やはり、良い釣り座に入りたければ午前2時台には到着していないと無理みたいですね。でも釣れ始めが午前6時を回ってからですので、この間の4時間ほどは、車で寝るのか?ぼちぼちと釣って待っているのか?難しい問題ですよね。

明日は、土曜日ですからさらに厳しい場所取りレースが待っていることでしょうね。地元の常連組は、土日は無謀な場所取りには参加せず、暇があれば見に来る程度でやり過ごしているようですが。

無駄な努力?

私が気合の抜けたような釣りになってしまって「さかんに反省」しているのは、もしかしたらこの場所取りレースからの疲れで気が抜けたからでもあるのかもしれません(汗)

釣り座が悪ければ釣れないのは分かっていますが、何時間も前から釣りもしないでただ待つだけに早起きして釣り場に駆け付けるのは「無駄な努力?」なのでしょうか?。

ただし、よく考えてみれば、大阪やら和歌山やらからきている釣り師たちは、2時間どころではないくらいの時間をかけて来ているんです。それで端のほうの釣れない釣り座しか残っていなかったら「それはもうショック!」というしかありませんよね。近くに住んでいるんだからそれだけでもありがたい!ぜいたくを言ってはいられません。

時合いは短いけどありました

先に書いたように確かに「時合いは短いけどありました」6時半ごろから7時過ぎまでだったかな?これを十分生かし切るのがベテランの腕というものだと思います。私もその域に達することができるように努力すべきですよね。

 

「自分がドン臭い」のは分かっていますからその分前もって準備すればいいだけのことです。明日は土曜日、早く起きて場所取りして車で寝るなり釣るなりします。時合いは明るくなるころ。やるべきことは分かっています。 では、また。


釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事