スポンサーリンク

朝マヅメだけの釣りでした。日高港湾 和歌山県

※画像は以前の資料画像です。

午前7時までには帰る必要があったため午前6時に納竿としました。朝マヅメだけの釣りになりましたが、少しは釣れました。話によれば「浜の瀬漁港の沖波止で型の良い鯵が爆釣しているらしい」ということは「煙樹ヶ浜でも釣れるんじゃないか?」という話になり今日の夕方、一度試しに行ってみようということになりました。

※画像は以前の資料画像です。

久しぶりの煙樹ヶ浜への釣行です。楽しみですね。この話のおかげで今朝の釣り時間が短かったことが、それほど残念な気がせず、それよりも夕方への期待の方が大きくてあれこれ考えながら帰って来れました。やはり煙樹ヶ浜で釣りができるということは、期待が膨らみます。

※画像は以前の資料画像です。
スポンサーリンク

イベント開催

日曜日ですし、港湾内でイベントがあるため「もしかして立ち入り禁止??」と気になりながら日高港湾に出かけてみましたが、岸壁の丘側の半分くらいが駐車場として確保されている以外にはイベント開催による立ち入り制限等はありませんでした。

※画像は以前の資料画像です。

どうやらイベントは、港内の塩屋漁港寄りの広場で開催されるらしく、岸壁の沖側半分は普段通りに釣りが出来ました。それでも、イベントの情報が大阪方面や和歌山方面からの遠征組に知れ渡っているのか?日高港湾が釣れていない情報が広まっているのか?遠征組はほとんどいなくて「地元の早朝組ばかり」といったメンバーでの釣りになりました。

※画像は以前の資料画像です。

電気ウキがずらっと

昨日、ズボ釣りでは豆鯵や豆鯖ばかりで、朝マヅメの良いサイズは遠投組に分があった流れで、今朝は電気ウキがずらっと並んでいます。それでも昨日に比べて喰いが悪そうで、あちこちから「釣れない釣れない!」とぼやく声が聞こえてきます。

※画像は以前の資料画像です。

私も、今朝も昨日に引き続きウキ釣りとズボ釣りの2本立てでやってみます。先ずはウキ釣りの仕掛けを組み立てます。上カゴのカゴはプラスチックのロケットかごサビキの下には10号の錘を付けて投げます。

※画像は以前の資料画像です。

良くて4~5尾

この釣り方の有効期限は、午前4時頃から午前5時頃までの短い間です。それでも釣れ盛れば数は伸びますが、何投かに1尾程度のポツポツと言ったペースだと良くて4~5尾。私のように手返しが遅いものだと2~3尾もつれれば御の字だと思います。

※画像は今朝の釣果です。

幸いなことに、暗い内のウキ釣りで3尾明るくなってからのズボ釣りで1尾、まあまあのサイズが釣れました。昨日までに豆鯵豆鯖をかなりの数釣ってストックがありますので、今朝は浅い棚の釣りはしません。しかも早く帰らなければならないので、古い餌を使い切った段階で新しい餌の封を切らずに午前6時前に納竿としました。

もし今夜、煙樹ヶ浜で釣れるようなら、釣れている間しばらく通うことになりそうです。そうなれば日高港湾での釣りは、その間お休みになるかな?釣れなければ、また同じようにここでの釣りの話が続きます。

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事