スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「釣り姿 帽子なしでは 成り立たず?」#日差しを遮る帽子について

※夏の釣り場は強い日差し

釣り師、釣りに向かう人。帽子をかぶった姿が定番と言ってもいいでしょう。夏の釣り場、陽光が燦燦と降りそそぐ波止や浜辺での釣りはいかにも夏らしい光景ですが、日光を遮るもののない海辺ではまさに焼けつくような暑さになります。釣りに帽子は必需品です。私もほとんどの釣りに野球帽を。夏場の昼間の釣りには麦わら帽子を愛用しています。

※時には小雨の中、竿を出すことも

今年ももちろん麦わら帽子も被りますが、ヘッドライトが装着しにくいので「野球帽のスタイルで日差しを多く遮れる帽子」要するに後ろ側にもカーテンが付いた帽子があれば1個でヘッドライトが要る釣りにも日差しを遮りながらの釣りにも重宝するかも?「早速、探してみよう!」と思いつきました。「探すも何も」アマゾンの通販ページを開けばすぐに見つかったんですけどね。

オルルド釣具 UVカット4way日よけ帽子(フェイスカバー・日よけ付き・折りたたみ機能付き) (迷彩ブラック)qa100201a11

新品価格
¥1,099から
(2021/5/29 11:14時点)

アマゾンにはいろんな商品が提案されていて選ぶのに困るくらいです。高価なものを選べば機能も多く手早く満足できるのでしょうが、それは私の目的ではありません。なるべく安価で効果的な商品を選びたい。「高価じゃないもので効果」が私の瘦せ我慢であり、楽しみです。

※今回買った品物
スポンサーリンク

釣具屋さんの品物

今回買ったのは画像のような商品で釣具屋さんから発売されているものです。フリーサイズのようで私の頭(サイズが大きめ)もすっぽり収まってまだ余裕がありそうです)サイドから後ろにかけてのカーテンが今回私が欲しかったアイテムで、これが効果を発揮するか?暑苦しくて邪魔なのか?実際使ってみないとわからないものですね。試しに被ってみた感じでは「なかなかいいんじゃないかな?」という感想です。

パラソル 大型 釣り用傘 ガーデンパラソル 角度調節 風強い UVカット 日除け 収納バッグ付き 日傘 雨傘 フィッシングパラソル 庭 テラス アウトドア ビーチ キャンプ 海用傘 BBQ用 (ブルー2M)

新品価格
¥7,980から
(2021/5/29 11:21時点)

帽子を買ったついでに通販サイト内をいろいろ探検してみました。上の画像のパラソルは確かに良さそうで、太陽の位置に合わせて角度も変えられるようにできていそうですが、どんな風が吹くかわからない海辺のしかも波止釣りには不向きかもしれません。よほどしっかりしたところに固定しておいても軸がひん曲がる程度の風が、当たり前のように吹くのが海辺ですから慎重にならざるを得ません。

余談になりますが、私たちが今年の真冬にカマス掛けをした釣り場には、パラソルではない仮設テント(屋根だけの組み立て式のやつ)がそのままの形で沈んでいます。これは町から来た釣り客が日よけに張ったものだそうで、ある程度の固定はしていたようなのですが風で飛んで海に落下したようです。無責任にも本人は知らん顔でそのまま帰ったようですが事の次第を間近で見ていた人もいたようですし、船の接岸もない場所ですからそのまま朽ちるに任せられています。

OMUKYかさぼうし 折りたたみ かぶる傘 uvカット レジャーハット 釣り傘 日傘 アンブレラハット 紫外線対策 両手解放可 折り畳み式 晴雨兼用 屋外イベント スポーツ 観戦キャンプ 屋外作業 (一重・迷彩色)

新品価格
¥550から
(2021/5/29 11:22時点)

何故かアユ釣りのイメージがある小ぶりな傘

頭にかぶる小ぶりな傘もありました。この類の品物はかなり前に10個程度入手する機会があっていくつかは誰かに差し上げましたが、まだ手元に何個かは残っています。小さくても本格的な傘と同様に作られたものでちゃんとたたむこともできます。開けばまさに小さな傘です。

これを頭にかぶって釣りをすれば夏場に快適かもしれませんし、少しの雨なら気にならないでしょうが、やはり海辺は風の問題が付きまといます。どちらにしても程度の問題というところでしょうか?また、私にはこの頭に着ける小さな傘は、アユ釣りのイメージが強くあるのですが、実際のところアユ釣りに多く使われているのだろうか?波止釣りではあまり見かけませんが地域が違えば「波止ではみんなコレ!」って地域もあるかもしれませんね。

EINSKEY 日除け 帽 メンズ レディース つば広 uvカット 帽子 折りたたみ アウトドア 登山 ハンチング 釣りハット

新品価格
¥1,888から
(2021/5/29 11:24時点)

ほかにも定番的な帽子がいくつか並んでいましたので目についたものを見てみます。上の画像は「アウトドア用のハット」と呼ぶべきでしょうか?似たような帽子をエギングの名人がテレビの番組で被ってるのを見たことがあります。これなら少しぐらいの雨でも大丈夫そうですね。もちろん本格的に降ってくればカッパの出番になりますが「カッパを着て頭にはこんな帽子」というスタイルもアリかもしれません。

私の「ド定番」を二つ

サンハット 男性 アウトドア 麦わら ビーチ帽 春夏 日よけ帽子 自転車 あごひも付き おでかけ ゴルフ 遠足 通気性 メンズ 帽子 つば広 釣り帽 おしゃれ ストローハット56-58cm (オフホワイト)

新品価格
¥1,698から
(2021/5/29 11:27時点)

KUPEERS メッシュキャップ, 通気性抜群 日除け UVカット 紫外線対策スポーツ帽子,男女兼用 速乾 軽薄 日よけ野球帽,登山 釣り ゴルフ 運転 アウトドアなどにメッシュ帽

新品価格
¥1,580から
(2021/5/29 11:28時点)

こんな高価?な帽子を私は被っていません。たいていは100均の中の200円コーナーとか300円コーナーのやつです。麦わら帽は嫁さんに頼んで顎ひもを付けてもらっています。野球帽はそのままが多いかな?私の場合、夜釣りが多いのでヘッドライトの装着具合がいつも気になります。

野球帽は、ヘッドライトを着けた時に鍔(つば)が邪魔になる場合もあって(特に下向きに照らす時にはセンサーと鍔が干渉する場合がある)帽子を横向きに(やんちゃ坊主のように)被ることがよくあります。麦わら帽子は同様にヘッドライトとは装着上、相性が良くないので(麦わら帽子は)昼間専用に被っています。

どちらの帽子も、投げサビキをする場合、投げるときにこぼれた撒き餌が頭にかかるのをカバーするのにも役立ちますし、同時に撒き餌が掛かって汚れる可能性もありますから高価な品物は必要ありません。もちろん汚れれば洗えばいいだけのことですが、麦わら帽や野球帽は頻繁に洗濯するものでもないですし、安いものを買っておけば「汚れたら廃棄」という方法もあります。

今日も帽子を被って

夜釣りフリークには帽子を被らない面々も少なくありません。ヘッドライトを装着するのもその理由の一つかもしれませんが、私はヘッドライトを着けるにも帽子を被ってからが習慣になっています。何故なら帽子がなければ頭皮が寂しがるからなんですよね。(~_~;

 

では、また。