スポンサーリンク

もうすぐ九月!太刀魚の餌は「イカがいい?サンマ切り身か?キビナゴか?」


日高港湾にて・・先日のこと。

「早朝、サビキ釣り」をしていたら

面白い出来事がありました。

先ず初めに「太刀魚のスレ掛かり」があって

その後その太刀魚の尻尾を切ってエサにして釣っていましたが、

全く釣れずに「太刀魚用の竿」が放置状態になっていました。

スポンサーリンク

小さなイカ

その時、全く偶然に

「熱心にサビキ釣りをしていた仕掛けの撒き餌かご」に

小さなイカ(スーパーで売っているホタルイカサイズ)が入ってきました。

(私のテリトリーにはホタルイカはいませんので、たぶんヒイカでしょうね。)

どうやって撒き餌かごに入ったのか?も不思議ですが、

以前知り合いに太刀魚のエサについて聞いていた時に

小さなイカ(特に太刀魚の釣り場近海で獲れるイカ)を餌に刺せば猛烈によく釣れる。

と言う話を思い出し、

早速(例の太刀魚竿)を上げてイカ餌を刺して投込みました。

その時はたまたま太刀魚が近くにいたのでしょうか?

入れ食いに喰って来ましたよ。

2回目の引き込み

セオリー通りに2回目の引き込みで合わせを入れて

無事に取り込みましたが、その喰いの良さに驚き

もしかして?イカがエサの方が釣れるのでは?

とは思い付きですが あれから数日後の今日、やってみます。


実釣の前にネットで調べてみましたが、太刀魚のエサについて、イカは

不適ではないが、特におすすめとも書いていない」まあ「イカしかなければ仕方ない」・・「釣れないことはない」と言った程度の印象でした。

たぶん「ヒイカ」

今回サビキかごに入っていたのは、

たぶん「ヒイカ」だと思われますので(スーパーの鮮魚売り場を)探してみましたが、

見つかりません。

仕方ないので少しお高かったのですが

刺身用スルメイカ」を買って身を短冊にしました。

ゲソは、太刀魚が嫌う?(ネットの情報の鵜呑みですが・・)ようなので使いません。焼きそばに入れていただきます(笑)。

幅1.5cm程度の短冊にして味の素を振りかけて締めておきます。

釣れていません

岸壁に着きました。釣り人はいますが疎らです。鯵釣りの人たちが少し賑っているくらいで

太刀魚のルアー軍団も静かです。

太刀魚釣りの師匠も1尾釣って帰っていきました。

そんな中、エサ釣りを始めます。餌はイカ餌でチャレンジです。

さて、仕掛けを準備して1投目。

驚くべきことに1投目から喰って来ましたよ。

しかも指3本クラスの良い型です。

竿を出してすぐに

あれよあれよと釣ったので、周りは驚いています。

本当なのか?夢なのか?

そして2投目。

これはさっきのようにはいきませんでしたが、何投か繰り返すうちに「ヒット」。

暗くなり始めて 足元でも「またヒット」。わずかな間に3尾ゲットできました。

3尾目がさっき帰った「太刀魚のエサ釣りの師匠」が1尾目を釣り上げたところでしたので

どれだけ順調に釣れたかが解ります。

因みに師匠のエサは「サンマの切り身」でした。

キビナゴ

キビナゴがエサの人は、(私が釣り始めてから)まだ誰も釣れていません。

しかも「イカ餌」で釣れた太刀魚は、

揃って胃袋まで針が届くくらいに呑み込んでいます。

如何にイカが旨いのか?

太刀魚に聞いてみなければわかりませんが、

珍しいか?旨いか?どっちにしても魅力的な餌なんでしょうね。

もしかして「ヒイカを追って回遊してきた太刀魚なのか?」

無しのつぶて

その後は、潮も悪くなったのか?無しのつぶてです。

誰も なんにも釣れません。

そんな状態が続いたので納竿とし、帰ってきました。

ほんの短い間でしたが、面白いように釣れましたよね。

今回のことで「イカの切り身でも釣れることは分かりました。」

気になるのは 何時、どんな時でもこんなに釣れるのか?

これは 折に触れて試してみないとわかりません。

ただ、いつも刺身用のイカを買って餌にしていたのでは、身が持ちません。

でも、本当にダントツに釣れるのなら・・・。と

楽しい悩みは続きます。

では、また。

今回は獲物の写真が保存できておりませんでした。(残念)