「土曜日は 人出を避けて 浜の釣り」 和歌山県 煙樹ヶ浜の鯵釣り

日高港湾浜の瀬も連休初日で混雑するに違いないと踏んで久しぶりに煙樹ヶ浜に釣行してみました。

というのも丁度北風に変わってコンディションが良かったので行けたのですがこの季節は南風や北風の日が多くて「煙樹ヶ浜」にはなかなか釣行できません。

暫く行っていなかったので時合いの見当も付きませんが、時間帯は浜の瀬や日高港湾に行くのと同じ時間帯で行ってみます。

スポンサーリンク

「明かりがチラチラ」

広い煙樹ヶ浜に午前3時は私一人か?否、ずっと浜の瀬寄りの方に「明かりがチラチラ」おそらくヘッドランプでしょう?誰かいます。私は通いなれたキャンプ場下に3カ月?4カ月ぶりかな?

久しぶりなので駐車協から渚までの歩きがこたえるかな?と思いきや意外と楽に歩いてこれましたよ。「ここはこうなんですよね」一つずつ思い出しながら釣り座を準備します。

以前とは仕掛けも少し変わりました。経験を積んで成長したかな?まだまだPE+ベイトリールとはいきませんが、サビキは自作ですしロケットかごもL寸に変わりました。

遠投用の錘はロケットかごの直下に仕掛けを挟んで一番下には仕掛けの絡み防止用に小さな錘です。初めはロケットかご一杯に撒き餌を詰めて投げます。

釣れ始めれば釣れ方に合わせて巻き餌の量を減らして調整します。目いっぱいに詰めて投げれば3kgのアミエビで3時間程度しか持ちません。

それでは、あまりに贅沢な釣りになって身の丈に合った釣りではありません。最短でどれくらいということだけわかっていれば

3kgなら3時間以上ということで調整して少しでも長く釣れるようにしています。「3kgなら3時間は大丈夫」という目安程度かな?

1投目からアタリ

釣り始めて1投目からアタリがありました。1投目から良いのが釣れた日は後が続かないジンクスを持っていますが、今日は続いて釣れて来ます。

6尾ほど釣ったころ釣り師とは思えない身なりの青年が「こんばんは」と声かけてきました。何かの恩返しか?それとも鯵の化身がこれ以上釣らないでくれと頼みに来たか?

「私なんかが釣る数はたかが知れているのに・・・」と夢のような想像を巡らせていると、彼曰く「映画の早朝ロケで夜明けの海岸のシーンを撮りたい。ついてはここから移動してくれないか?」とのことです。

折角撒き餌が効いてきたころだったので「CGで何とかなりませんか?」というと「頑張ってみます。その代わり合図をした時から1分程度はヘッドライトを点灯しないでください」と言って戻っていきました。

後で調べたら「キョンキョン(小泉今日子さん)」らが立ち上げた映画会社の第1作目らしいです。撮影を見に行けば、誰か有名な役者が居たかもしれませんね。私はその間も無心に釣りを続けていましたけど。

結果的に日高港湾よりも浜の瀬漁港よりも良いサイズの鯵が8尾釣れました。しかも釣れたのは続けてです。文字通り「バタバタ」と釣れて後はパッタリと止まったままでした。朝マヅメに釣れるかどうかも知りたかったので明るくなるまで頑張って投げ続けましたが、全く釣れませんでした。

良い型の鯵

やはり煙樹ヶ浜は良い型の鯵が釣れました。ただ北風でなければ釣りが成立しませんので暖かい内は釣行できる日が限られそうです。

北風なら「煙樹ヶ浜」その他の風なら日高港湾か浜の瀬漁港、釣りを始めてやっと一年たちました。

2年目はこの3か所をローテーションしながら釣行していきたいと思います。基本の鯵釣りがある程度続けた後に他に釣りたいものがあればやってみたいと思います。

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事