師匠も参戦!煙樹ヶ浜の鯵釣り!穏やかな海と穏やかな天候!17対30で師匠に軍配!投げサビキ 夜釣り

昨日の事です。

私が煙樹ヶ浜からの帰りに師匠に釣果を知らせていた時

明日は、わしも参戦するから宜しく!

ただし釣り座はわしの好きなところで!

と知らされました。

おそらく師匠の好きな釣り座は「自動車学校下」だと思いますが、

私の十八番は「キャンプ場下」です。

 

お互い好みが有ってずいぶん離れていますが、

電話連絡も出来ますし「一緒に釣行」と変わりないでしょう。

久しぶりの師匠との釣りになります。

スポンサーリンク

キャンプ場下は私一人

午後5時30分には、釣り座に付いていました。

それから準備して。

 

ようやく準備ができたころ、師匠が浜を歩いて

表敬訪問や!」と来てくれました。

帰りには釣果を報告し合おう」ということで私も投げ始めます。

今日のキャンプ場下は私一人です。

師匠の方も中間辺りに一人いるものの自動車学校下は師匠一人です。

お互いの釣り場をそれぞれ独り占めで釣り開始です。

 

周りに大勢釣っていても困りますが、

たった一人も困りものです。

 

撒き餌をしっかり撒かないと

大勢で撒くように魚の寄りが良くありませんし、

釣り具のトラブルでの中断や魚や餌の出し入れで中断の時などに

撒き餌を投げる人が居ないので魚の足止めが続かないことが想像されます。

 

独りの釣りは気楽でいいですが、色々不自由な点もありますね。

2~3投に1尾

午後7時前には釣れ始めました。

 

少し早いスタートですので良く釣れるのかな?

と期待しましたが、なかなか1投1尾のペースにはなってくれません。

 

1投1尾は時折で2~3投に1尾と言うペースです。

それでも午後8時には10尾釣っていました。

やっと12尾釣ったころ1投1尾のペースに。

が、突然!投げた時道糸が切れてしまい仕掛けが全部飛んでいきました。

 

切れた場所は結び目では無いので「ラインに傷があったのか?」。

残念ですが悔やんでばかりもいられません。

釣れているポイントに撒き餌が続けられません。

ところがラッキーなことに今日は用事で来れないはずの

「8時の人」が8時に帰るのでは無くて「8時にやってきました」

 

用事が済んで「(夜なのに)天気が良いから釣りに来た

というようなことらしい。

 

今、仕掛けを作り直しているので

それまで私の前のポイントに投げて釣って欲しい」

「撒き餌を切らせたくない」と頼みました。

流石に「8時の人」は名人級の腕前ですね。

来たと思えば1投目から釣れ始めましたよ。

 

魚が寄ったポイントであるとはいえ(自分が寄せたポイントでなくては)

勝手が違いますからね。

私が復帰するのに20分くらいかかったかな?

 

その間に10尾程度を釣って

そのあとは自分のポイントをすぐに探してあっという間に

トータル15~16尾を釣って帰って行きました。

 

釣り場に1時間半いたでしょうか?まさに神業ですね。

「8時の人」の腕前にも驚きですが

「今日は釣れるに違いないという釣り師の直感」が素晴らしい。

免許皆伝

さて師匠の数比べですが、1730で師匠の勝ちです。

時合いでのトラブル中断が悔やまれます。

 

ただし、師匠の半分釣れれば一人前ということでスタートした

「煙樹ヶ浜の鯵釣り」ですので、

今日で「免許皆伝」と言うことになるのかな?

というようなことはあえて聞きませんでしたが、

なんだか認めてもらえたような感じはしていましたよ。

 

最後に「明日も来る?」と聞いたら

これだけ有れば暫くは鯵はいい」と笑っていました。

 

では、また。


釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事


 

スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする