スポンサーリンク

ダイソー(100均)グッズでクーラーに「簡易竿掛け」を付けてみた。

今回は、ダイソーに売っていた100均の「ドアフック=商品名」を使ってレジャー用のクーラーに簡易な竿掛けを追加してみました。

波止釣りで(ほかの場所での釣りでも)頭を悩ませるのが竿を置く場所ですよね。

ルアーマンなら短めの竿でまっすぐ(垂直に)立てたりしてるのを見かけますが、磯竿の5,4m物などを垂直に立てて魚を針から外す・・・なんて「ちょっと無理」。

竿掛け付きのクーラーは高価ですし、私なんか「釣り用のクーラー」はごく小さなものしか持っていません(当時)。

レジャー用のそれもかなり古いものですが、まだ保冷力があるのでそれを使っています。

新しいのは魚臭くなるからと、使わせてもらえません。

竿や仕掛けを保護して作業を楽にするために別に竿掛けを用意すればそれで済むことですが、荷物が大掛かりになってしまいます。

スポンサーリンク

嫁さんのお供で

嫁さんのお供のついでにダイソーをうろついている時、ふと目に留まったものがありました。

「ドアフック」ハンガーを吊るすものでしょうね?簡単なプラスチックの部品です。

「これは竿掛けに使えるんじゃないか?」釣りのことばかり考えている私には見るもの聞くものすべてが一度は「釣りというフィルター」を通して頭にインプットされてきます。

 

 

耐荷重5kgが多いのか少ないかなど不明な部分も多かったのですが何しろ100均グッズですからね。

プラスチックのちょっと頼りない感じのモノですが、2個買っても税込み216円(当時)です。

ダメならほかに使い道は何とかなるだろう。まさに衝動買いです。

こんな風に余計なもの飛びつく100均マニアって意外と多いのかもしれませんね。

 

 

ビスなど取り付けは何とかなるでしょう。多分あるはず。あるに違いない!

「買おう」となれば否定する考えは全く遮りません。すべて肯定で突き進みます。

「とりあえず買ってから考えようという」ことで買って来ました。白が2個欲しかったんですが、1個しかなくて白1黒1のコンビカラーになってしまいました。

如何にも衝動買いの見本みたいな買い方です(笑)

取り付けてみます

開封して、クーラーに乗せて位置や形状などを確認します。

(竿掛けの)前側の載せる方は、2段で良いかな?後ろの引っ掛ける方は、3段が良いようです。

クーラーの上から見て長い方の壁に付けるか短い方にするか?悩みましたが、今回は短い方の壁に付けてみることにしました。

 

 

ディスクグラインダーを使ってカットすれば簡単に切れます。※カッターは危ない気がします。鋸などの方が安全かな?寸法などは私流で適当に見た目でカットしました。

「早い、簡単、安い」がモットーですからこんなもんです)白い方は載せる方ですので2か所カットします。

 

 

位置決めも適当にビスで取り付けます。一番重要なのはビスの長さに気を付けることです。

「部品の耐荷重に耐えられて、しかもクーラーの内側の容器に穴をあけないこと」

自分用ですから取り付け位置を変更して余計なビス穴が空いても気にしませんが、水が漏れては失敗作になってしまいます。

ビスの太さや長さにはじゅうぶん注意して作業する必要がありますね。

「早い、簡単、安い」

「早い、簡単、安い」・・・「早い、旨い、安い」??私の好きな3拍子が揃いました。

これで取付完了です。

初めにも書いたように耐荷重5kgがどれほどのものに耐えるのかは分かりませんが、とりあえず暫く使ってみたいと思います。

普通の待ち受けスタイルかな?これでも竿の先はかなり上を向いているでしょう。

少し低い位置ですね。風が強いときやズボでのサビキ釣りなどに使えるでしょう。

こんな位置にすることは無いと思いますが・・・

作ってみて

作るという程の大袈裟な作業はありませんでしたが、100均グッズの割には確りとできたと思います。

取り付け位置が良かったかどうかは使ってみなければわかりませんが、

作り直したければ216円(ビスは別:当時価格)で出来ることですので、作る楽しさに比べれば安いと思います。

 

 

何度も書きますが、強度の面は私にもわからないので、再現される方は完全自己責任でお願いします。

くれぐれもビスの長さにも注意してください。大切なクーラーを粗大ごみにしてしまっては元も子もないですからね。

見た目は多少どうでも自前の道具で釣りをするのも気分がいいものですよ。高価な既製品もいいですが。

 

 

使うときにはクーラーに水を入れて重くしておくことも忘れずに!自作で安価に楽しい釣りを!

では、また。

 


釣り道具探求一覧

前のページ