左チャンネルの音が割れるというアンプ{VOSS(ビクター) PS-A300 の修理を依頼されました。「音割れや音濁り」などは厄介なんです。

左チャンネルの音が割れる」という

「ビクターのPS-A300 」パワーアンプの修理を依頼されました。

 

4Ωにて片側300Wの出力ですから

重いのに違いないと思って断ろうとも思いましたが

「是非に」と言われて、断り切れず引き受けてしましました。

 

想像通り重いアンプで持ち運びにさえ往生します。

これを裏返したり縦にしたり横にしたりは無理でしょう。

腰に来ないことを祈りながら修理に取り掛かってみます。

 

 

スポンサーリンク

初めは動作状態の確認から

始めは動作状態の確認から入ります。

スピーカーと入力を繋いで「音出し」してみます。

プロテクターの解除は「左」が少し遅れ気味です。

 

音は両チャンネル「キチンと」出ますが、

やはり左のチャンネルが少し割れています。

特に女声のロング トーンやフルートなどの音が分かり易いです。

と言うことで開封して左チャンネル用のユニットを

ドライバーの頭で小突いて音の変化を確かめます。

 

全く音の出ない場合は別ですが、

何とかでも音の出ている場合には

音を出しながら絶縁体で部品を小突く」方法が意外と

故障個所の発見役立つ」ことがあるんですよね。

 

今回も役立ちましたよ。

オシロスコープと低周波発信器

低周波発信機とオシロスコ-プを繋いでみます。
※正常な時の波形です。
異常な時の波形も画像に収めていたはずなんですが、1枚も残って無くて掲載できません。
ごめんなさい。

波形の上でも異常な時(音割れしている時)の波形が

はっきりと出ています。

 

小突くと発生と終息が確認できますので、

オシロを見ながら部品を小突いていくことにしました。

FETとトランジスタ

写真中央のFETとトランジスタが怪しいようです。

 

小突くと「音が割れたり割れなかったり

音割れの原因がこの辺りにありそうですね。

 

音が割れたり割れなかったりの挙動が

この「FETとトランジスタ」辺りに集中しているような感じです。

ハンダ不良が原因かもしれません」まずは裏側から確認します。

基盤を外しにかかります

基盤を外しにかかります。

ハンダクラックとかが原因であることを願いつつ

「ビス等」を外して基盤を手に取れるようにします。

基盤の裏側

基盤の裏側「矢印のところが目的のFETとトランジスタ」です。

 

ハンダクラック等は確認できませんが、

目に見えないクラック等がある場合も多いので

所謂「ハンダ修正」を行います。

 

ハンダ修正」と言えば上から目線で

有難く聞こえるかもしれませんが、

 

特別なことではありません。

「ただの再ハンダです」

基盤その他を元に

基盤その他を元に戻します。

ある程度のところまで戻したら、

再び低周波発信機とオシロスコープを繋いで波形で確認します。

 

「例のFETとトランジスタ」その周辺を小突いても

「波形の乱れ」はみられません。

 

「呆気なく」これで修理完了です。

音楽プログラムを鳴らして暫く試聴してみます。

異常が再発しませんでしたので「これで修理完了」といたします。

早速依頼者に「治ったよ」と電話します。

 

新しい部品は必要ありませんでした。

ハンダでちょっと触っただけの修理でした。

意外とこんな感じで治ることも多いんですよね。

  
では、また。


修理・改造チャレンジ一覧


アンプ修理

片方音の出ないアンプが手に入りましたので、修理してみます~Technics プリメインアンプ SU-V7~

電源の入らない「BOSE 1705Ⅱ」ステレオパワーアンプの修理を依頼されました。

「再び」片方音の出ないアンプが手に入りましたので、修理してみます。~ YAMAHA  プリメインアンプ A-550 の巻

ノイズが「バチバチ」という「パイオニアSA-6800Ⅱ」の修理にチャレンジしてみました。ヴィンテージアンプの修理