「再び」片方音の出ないアンプが手に入りましたので、修理してみます。~ YAMAHA  プリメインアンプ A-550 の巻

以前、テクニクスの片方音の出ないアンプの修理に挑戦してみましたが、

今回は ヤマハのプリメインアンプ A-550 です。

 

症状は同じように 片方のCHから音が出ない と言うモノです。

果たして前回のようにうまくいくでしょうか?

スポンサーリンク

ビスが合計で5個欠品

まずは何処が悪いのか?探して行きます。

外観の確認から。

両サイドと背面のビスが合計で5個欠品しています。

これは私より前に誰かがいじくりまわしたものかもしれませんね。

 

とにかく電源を入れて「プロテクター解除を確認」して、

信号線とスピーカーケーブルを繋いで音出ししてみます。

片方の音が確かに出ません。左側ですね。

センド:リターン端子

つまみをアチコチ回してみます。

単純な接点不良では無さそうですが一応、

接点復活剤を吹き付けて様子を見てみます。

 

リアパネルに

「信号を途中から取り出して戻すような端子(センド:リターン端子)

がありましたので、ここから信号を入れてみます。

このアンプのセンド:リターン端子は

単にプリとパワーの分離では無くて

プリの途中から信号を出したり入れたりできるようにしたもののようですが、

 

それでも前段と後段のどちらが怪しいか?の

「分け目の役目」は果たしてくれそうなので、

ここから信号を入れてスピーカーから出してみます。

やはり左チャンネルから音が出ません。

「信号線とスピーカーケーブルを左右入れ替えての確認も」

しましたが、この端子より後段の左チャンネルが怪しいですね。

本格的にバラシます。

ネジと小さな部品の紛失に要注意です。

オシロスコープの登場です。

先ずは発振器の信号を確認して

次に測定ポイントの信号を見てみます。

 

今回は私の経験値から

左右のフェーダーコントロール用のMNカーブのボリュームから始めます。

 

先ほどから彼方此方触ってみて

どうもここが怪しいんじゃないか?」と

目星をつけておいた部品です。

これ位の経年のアンプで

何度もこの部品がダメだった経験もあるからですが。

右チャンネルはOKですね。

やはり左チャンネル。此処で信号が途切れています。

念のために左チャンネルのフェーダーコントロールを

スルー(ジャンパー)して音出ししてみます。

 

間違いありません。音が出てきましたよ。

修理に掛かります。

MNカーブの2連ボリュームはなかなか手に入りにくいものですので

何とか修理できないか試してみます。

もし修理が出来なければ、代替品を探さなければなりませんね。

込み入った中の方の部品が修理対象になります。

パネル面のナットを外します。

パネルを取り払ってからハンダを外しにかかります。

ハンダを吸い取って、やっと外れました。

 

これが不良のボリュームです。↓

貴重なMNボリュームです。今から修理に掛かります。

筐体を開きます。

汚れた抵抗面です。汚れがすごいです。

ブラシの方も綺麗にして少し反りを深くしておきます。

あまり強くやると壊してしまいますので手加減が必要ですね。

 

最後に接点復活液を塗布しておきます。

テスターで動作を確認して、ボリュームの修理が終了しました。

経験値からの直感

修理したボリュームを取り付けます。

ハンダは銀入りハンダを使っていますので少し艶が無い感じです。

元通り組み立てなおして音出し成功です。

 

少し手間はかかりましたが、

経験値からの直感で早く不良個所が見つかってラッキーでした。

 

暫く音出しして、

依頼者に「直ったよ」と電話する瞬間が一番の楽しみですね。 

 

では、また。

 

つづけて読む


修理・改造チャレンジ一覧


アンプ修理

片方音の出ないアンプが手に入りましたので、修理してみます~Technics プリメインアンプ SU-V7~

電源の入らない「BOSE 1705Ⅱ」ステレオパワーアンプの修理を依頼されました。

左チャンネルの音が割れるというアンプ{VOSS(ビクター) PS-A300 の修理を依頼されました。「音割れや音濁り」などは厄介なんです。

ノイズが「バチバチ」という「パイオニアSA-6800Ⅱ」の修理にチャレンジしてみました。ヴィンテージアンプの修理