おかず釣り師が行く!「浜で鯵 波止で太刀魚 良い時節」 #太刀魚釣り #波止釣り #遠投サビキ釣り #鯵釣り #半夜釣り  

浜に行っては鯵を釣って、波止に行っては太刀魚釣り。しかもソコソコの釣果が残せたここしばらくでした。長袖を着ていけばよかったころからすれば最近では(すこし暑いけど)防寒着を着こんで出かけるようにもなりましたし、持っていくポットの中身も温かい飲み物を持たせてもらうようになりました。

日々釣行を重ねていても季節の移り変わりは追いかけるのがやっとで知らぬ間に夏から秋。否、晩秋に変わっていました。遅れて接岸した太刀魚も最近では抱卵した個体が目立つようになってきました。太刀魚の産卵場所はどこなのか知りませんが、産卵のための移動も近いうちに始まるのかもしれませんね。

それまでは、産卵に向けての荒食いも続くのかな?今しばらくは太刀魚も小魚を追って波止や海岸近くの浅瀬にとどまってくれるでしょう。鯵も最近では型がよくなってきました。昨日には今シーズン初?(浜で:私の釣果で)の30cm超えが釣れましたし、平均的にもサイズアップしているようです。11月ですから当然といえば当然なのですが、うれしい出来事にかわりはありません。

スポンサーリンク

サビキはなるべく安いものを

前の鯵釣りシーズンでは、まだまだ不慣れだった私の鯵釣りは見様見真似がほとんどでサビキも「誰かが使っていてよく釣れた」とか「どこかの製品がいいらしい」とか評判に流されて結局「高い買い物」的な選択を繰り返していましたが、最近では少しずつ慣れてきたのか?安価なバーゲン品のサビキでも釣れることが理解できるようになってきました。

もちろん高価な有名サビキにはかないませんが工夫次第で匹敵する釣果が出る日もあります。もちろん安価な釣りを目指すなら自作のサビキという選択肢もありますが、6本針のサビキを自作してそれが一瞬でサメに襲われたりしたら喪失感も相当なものになるでしょうし、第一ひと晩に5セットも6セットもロストすることがありますので、準備が間に合いません。

そう考えれば、なるべく安いサビキを選択してその中でもよく釣れるモノを選ぶ方が賢明でしょう。最近では3枚で198円(税抜き)のものに良いのがありましたので好んでこれを使っています。ただ、このサビキでは全く歯が立たないような渋さの日にはやはり今まで使ってきた中でよく釣れたサビキも常備していますのでそちらを使う考えです。

太刀魚は足元で

太刀魚釣りといえばルアーか餌釣りです。餌をつけたテンヤをルアーのように引いて釣る餌釣りとルアー釣りの中間的な釣り方もあります。その中でも餌釣りはたいていウキをつけてある程度の距離を投げて釣ります。ウキ釣りは合わせのタイミングが独特でそれを楽しむ人もいれば面倒だと歓迎しない人もいます。

しかし、波止での太刀魚釣りの場合、集魚灯を使えば明かりで太刀魚を誘うことができてそのポイントもごく近くで釣ることができます。私は、ハリスや針は従来自分が使っていたものと同じでウキや錘だけ外した完全フカセのような釣り方で釣果を増やせています。

この釣り方は完全フカセの状態で誘いをかけ太刀魚を食いつかせて、そのあとは糸を出して太刀魚が飲みこむのを待つやり方です。熟練者なら飲み込むのを待つのではなくてその人独自のタイミングでフッキングする人もいるようですが、私はまだそこまでの練度には達していないので専ら飲み込ませるやり方なんですね。

鯵も太刀魚も

今のところは冷凍庫に一杯の鯵と太刀魚です。どちらも冷凍しても少しずつ劣化する魚ですので保管に期限はありますが、こんなにストックできればうれしいものですよね。次はイカかな?なんて欲を出してはいけません。今しばらくは今のままの釣り物で技術をしっかり身に付けることにします。ほかのものに手を出すのは、それからでも遅くはないでしょう。夕暮れが近づいています。鍛錬の意味も込めて今夜も釣りに行きましょうか? 

 

では、また。

 

釣り日誌一覧