おかず釣り師が行く!「長ければ 短くすれば 縺れない」端境期の鰺投げサビキ釣り

先般の釣行では餌釣りとサビキ釣りの併用仕掛けで挑んでみましたが、河豚に餌針を取られたり、道糸のトラブルで早々に仕掛けをロスとしてしまって結局は餌釣り専用仕掛けで最後まで粘ってしまいました。もちろん餌釣りも効果はあったのですが、専用の仕掛けでもサビキ針に餌を刺した簡易な仕掛け(友人)でもさほど釣果に変わりはなかったようでしたので、敢えて今回はサビキ仕掛けにこだわって釣行してみたいと思います。

何故、サビキにこだわるか?といえば、サビキ全盛の時期から私では歯が立たなかった釣り師の仕掛けの秘密が前回の釣りの間に明らかになったのでぜひ試してみたいと思いサビキでチャレンジしてみようと準備したからです。私の通う釣り場では投げサビキでも上かごでかごの直下に錘をつけてその下のサビキには錘をつけないサビキ仕掛けが全盛です。これは釣り場が浅いのと終盤のスレ鰺が下錘の仕掛けではなかなか喰ってくれないことから行き着いた仕掛けの形で、ここでは「ふかせ仕掛け」「錘なし」などいくつかの呼び名で呼ばれています。

スポンサーリンク

テンビンと錘は自作

殆どの釣り師がロケットかごと錘を自作のテンビンで組み合わせて「かご-錘-テンビン」を一体化して準備しています。で天秤は思い思いの長さなんですが、私は下に付けるサビキをなるべく長くしたいので、長めのテンビンを使っています。元々のステンレスの針金の長さが定尺ものですので長さには限界があってその目いっぱいに長さで使っているだけですが。

それでも、下に付けるサビキは4~5本針が限界で、市販の6本針を使えばもつれが多発して釣りになりません。いつも私より多くの鰺を釣っている釣り師は6本針でめったに縺れることがないのが不思議でした。彼は、天秤の角度で調整するんだと力説していましたが、それはどうやら目くらましで他に否決かある筈だとかねてから思っていたんですよね。

その秘密が、思わぬところから見えてきました。彼が餌釣りに仕掛けで悩んでいた時にたまたまサビキ仕掛けを見せてくれたのです。私はすかさず「一寸ごめん」といって両手を広げて長さを確認して糸の太さも確認しました。糸はかなり細くて彼が言うには「渋いときには星糸を使うこと」だとか。

アイデアをいただいて

6本針については、市販の仕掛けより幹糸が30~40㎝短いことが分かりました。この長さなら縺れる心配がかなり小さくなります。(幹糸は)私の限界の長さよりも短いくらいです。もちろんハリスの長さは3から5センチと短くなっています。要するにコンパクトで細い仕掛けを使っていたんですね。

今から考えてみれば、時々大物を掛けて糸が切れたと悔やんでいた姿が思い浮かびます。やはり喰いの悪い時期には細仕掛けなんですね。仕掛けが細い分例えば腕前とか竿とか仕掛け以外の部分でカバーするんでしょうね。早速アイデアをいただいて仕掛けを作り直してみましょう。

ベースになるのはハヤブサのHS-402蓄光サビキです。

これをばらしていきます。画像は2号のハリスのものですが使ったのは1,5号ハリスのHS-402です。幹糸を捨ててハリスから先とスナップ付きサルカンを使います。

幹糸は、2号を

幹糸にはフロロの2号を使います。先ほどの彼の話では、ハリスが1.2号で幹糸が2号といいますからこんなもんでしょう。もちろん彼はサビキ針だけ買ってあとはすべて自作ですが、この仕掛けが私に会うなら私もすべて自作にしますが、今回はテストですし、私はHS-402が好きですからこれで始めてみたいと思います。

もちろん今回の釣行には刺し餌として鶏の胸肉とオキアミも持っていきますし、仕掛けも準備していますが、できれば新しいサビキで通してみたいと思っています。晩秋のように数釣りになれば細い仕掛けでは耐久性が危ぶまれますが、釣れても10尾程度のこの時期ではフロロを使った仕掛けなら細糸でもなんとかなるでしょう。

あとは私の安物の竿が柔軟性と弾力で糸を守ってくれるか?私の腕がカバーできるか?それにかかっていますね。今日のところは道糸はPEではなくナイロンでやってみましょう。慣れればPEも試したいのですが、細仕掛けでは無理でしょうね。餌は既に解凍してあります。若潮ですが、少し早めに行って少しでも良い釣り座を確保しましょうか?

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事