おかず釣り師が行く!「太刀魚に サンマ高くて オキアミで」 #太刀魚釣り #刺し餌 #波止釣り

サンマの高騰に端を発した刺し餌探しですが、先日、日高港湾では有名な大物釣り師と話した時に「オキアミ」の話が出て太刀魚釣り用の餌としてのオキアミから扱い方まで一通りのレクチャーを受けました。それに最近私がやり始めた「刺し餌としてのオキアミの加工」のノウハウを加味して「オキアミを刺し餌にした太刀魚の波止釣り」を試してみました。今のところ結果は上々ですが、これも長く使ってみなければわからないのが釣りの世界の常識ですからしばらくは調査続行というところでしょうか?

スポンサーリンク

自分で加工したオキアミ

最近私がやり始めた「刺し餌としてのオキアミの加工」である程度は刺し餌として使いやすいものになっていますが、これに太刀魚が…と考えるとなかなかヒットシーンが思い浮かびませんでした。所詮私が作ったものは鰺釣り用の刺し餌なのか?太刀魚には通用しないのか?使ってみる前は疑心暗鬼でした。

9月はじめの台風でキビナゴを探し回った記憶から、最近ではキビナゴを大事に使うようになって、釣り場での使い残りも持ち帰って冷凍保存して再び使っていましたが、少し古くなったキビナゴのようなにおいがする添加剤=イワシ油があることに気が付いて刺し餌用に仕上げたオキアミに振りかけて使ってみました。

姿はオキアミですが、匂いは(熟成した??)キビナゴもしくはイワシです。見た目(匂い)では釣れて当たり前のような刺し餌ですが、実際に現場で使ってみなければその効果は測れません。今回接岸した太刀魚も若干喰いが落ちてきています。このタイミングで使ってみて想像通りに釣れるのか?早速実釣してみました。

オキアミに合わせて自分なりに仕掛けをチューニング

冒頭のオキアミの件を教えてくれた大物釣り師から仕掛けも教わりました。その内容は、ワイヤーを使わない一本針仕掛けで、カマスのデカい奴を釣る要領だと思えばいい感じです。ハリスがフロロの5号程度で針はオキアミ針でオキアミのL~LLに合う大きさ。ハリスの長さについては聞いていませんがケミ蛍をつける関係から私なりにヤビキ程度としました。

道糸は3号以上あればOKということなので4号を。竿も3号の4.5mにしました。錘は付けずにスナップ付きサルカンの重さだけですが、重さは電気ウキに釣り合えばそれでいいし電気ウキ自体にも空中での重さがありますので仕掛けの投入には問題はないでしょう。あとは誘導式にした仕掛けがきれいに馴染んでくれるかどうかですが、やってみれば何とかなるもんですね。

棚は二ヒロです。水深は7ヒロ程度ある釣り場ですが、夜間は2ヒロ程度が太刀魚の泳層のようです。この棚に仕掛けを馴染ませるとウキから下はフカセ釣りの感じになって潮の流れになびくように仕掛けが潮上から潮下に流れていきます。錘がない分流れに乗りやすいようでほかの釣り師の仕掛けよりも流れるスピードが速い感じです。この連休のように混雑した釣り場では仕掛けの上げ下げの回数が増えてしまいますが、これも餌のチェックと誘いの多さには有効かな?

合わせのタイミングがわかりやすい

私が試した範囲ですが、太刀魚の餌釣りでは合わせのタイミングが難しく「釣れた!」と思ったのに合わせが早すぎて「針外れ」もしくは「素針」ということが多く発生します。その点ですが、オキアミの場合(私の経験した範囲では)1回目にウキが消し込んでから数秒でフッキングしてもかかっている確率が高かったように感じました。

また、それ以上に長く放置すれば針がえらを通り越して胃袋まで達している例が幾つかみられましたので、オキアミの場合、フッキングがかなり楽なんじゃないか?と感じています。小さな餌と比較的小さ目な針との組み合わせが飲み込む確率をアップさせているのかもしれませんが、釣りをする上では飲み込むほどに食いついてくれるのは嬉しいことで、飲み込まれて外れなければそれだけ針を多く準備すればいいだけのことです。

私の印象としては今まで向こう合わせだったのが、今回はこちらのタイミングでのフッキングしたような印象に思えました。例えば鰺をフッキングして上あごにヒットさせた感じです。この場合は当然ですがハリスに傷はなく釣りあげた後の針外しも容易でした。

太刀魚はオキアミを餌にして釣ってもおかしくない

「太刀魚の餌はオキアミが当たり前」という時代が来るかもしれません。それにはフカセ釣りのような軽くて強い仕掛けとフロロカーボンのハリス。餌にはオキアミを魚の身餌と勘違いさせるような匂いのカモフラージュが必要かもしれませんが、オキアミで釣れるようになれば太刀魚用の別な餌も必要じゃなくなって釣行時の我々の負担も軽くなるんじゃないかな? 

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事