スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「メアジ釣れ 真鯵は何処?と サバに聞く」

師匠に誘われて煙樹ヶ浜(和歌山県)の鯵釣りです。仕事の関係で少し遅れると伝えてありましたが、暗くなってしまいました。こうなると遅くなるということより自分が不便です。

何をするにもヘッドライトが要ってきます。まだ薄明かりが残っているうちに急いで写真を撮って荷物を運びます。竿や釣り座のセッティングの時には完全にライト頼りになっていました。

※画像は前回釣行時のモノです。メアジが多いですがこれくらい釣れれば気持ちよく帰れるのですが。
スポンサーリンク

昨日も来ていた

師匠には昨日から誘われていました。ただ、昨日は私が転んで腰を打って傷みが出ていましたので辞退させてもらいましたが、今日の誘いには、誘われなければこちらから誘いたいくらいに「釣りたい気分」が盛り上がっていましたので喜んでついてきました。ただ少し遅刻気味でしたが。

師匠の昨日の釣果は思わしくなかったということです。潮は大きくなくて干潮が午後7時過ぎだったかな?一番いい時間帯が干潮がらみでイマイチですよね。潮の流れが右から左と暫くなかった方向ですので期待して粘ったらしいのですが、寂しい結果に終わったようです。

昨日の結果がよほど心残りだったらしく、今日は早い時間から誘いの電話があり。いつもの友人(カゴ釣り、師匠と私はサビキ)も誘っているようです。今回も3人並んでの鯵釣りになりそうです。海況は悪そうですが気の合った仲間と竿が出せれば楽しいですよね。

干潮が午後8時過ぎ

潮が大きくないし波も比較的静かなので、渚近くに釣り座を構えることができます。それだけ遠投も楽になるということになりますが、干潮近くになれば、波打ち際近くがフラットな感じで釣れるポイントが遠くなります。

やはり魚にはある程度の水深が必要なんですね。特に釣れ渋っている時には。私も最近はPEを使ったり投げ方も慣れてきたりと飛ばせるようになってきました。飛距離も師匠に引けを取らないと自負していましたが、師匠の友人のカゴ師の飛距離には適いません。

「なんで?何処が違うの?」たぶん彼はPEではなくナイロンのラインを使っているはずですし。だいいち年齢が私より10歳以上年配者です。折角の釣りを邪魔しては悪いので今日は質問しませんが、一度じっくり聞いてみたいと思っています。

師匠の話では

昨日の釣れ方は午後8時を回ったらピタリと釣れなくなったということです。今日は潮が昨日より40分ぐらい遅れるかな?傾向が同じだとすればだいたい8時半ごろから釣れなくなる感じになりますね。

釣り始めて暫くはポツリポツリと釣れていましたがやはり師匠の言う通り8時過ぎから渋くなって9時から納竿した10時頃までの約1時間は殆ど1尾もつれない状態が続きました。周りを見回せば、私たち以外はみんな帰ってしまっています。

3人共に潮が変わって動き出せば釣れるだろうとこの1点に期待していたのですが、思うようにはいかないものですね。後半の約1時間はまるで「エサやり」でした。8時前に師匠のサビキに太刀魚が掛かって(私が貰って来ました)「太刀魚が居るのか?」とルアーを投げてみましたが釣れたのはその1尾だけでしたし、太刀魚以外のフィッシュイーターの気配も無いようです。

潮が変われば

「潮が変わるまで一服や!」帰り際の師匠の結論です。師匠の言う「潮が変わる」とは満潮干潮の意味ではなく「大潮小潮」の意味です。この状況だと「次の中潮あたり」の意味かな?

釣れることは釣れるが、ピタッと止まるのは頂けない。何かが影響しているのだがその何かが何か?見当がつかない。ので「状況が変わるまで他の釣りをやろう!」という結論です。

※本日の釣果です

私たちは魚釣りが仕事ではなく趣味・楽しみで釣りに来ているんだから「釣れるときに釣れるものを釣る」これがセオリーですよね。でも、私は少し違います。今日はバタバタと駆け込んだような釣りでしたが、もう少しじっくりとこの状況を攻略してみたい気がしています。2~3日のうちにリベンジに釣行してみようかな?

返り討ちに遭うかもしれないけど・・・

 

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事