「太刀魚に 寝ても覚めても 恋焦がれ」和歌山県 日高港湾の太刀魚釣り

最近は用事が増えてなかなか「毎日釣行」という訳には行きません。それでも「太刀魚釣れたよ!」「指4本のサイズだよ」友人たちから連絡?自慢?が届きます。

朝から大阪方面に用があって行ってましたが、午後4時頃に帰れましたので「当然のように」釣行します。勿論太刀魚釣りです。出かけている間にも「あんな風に釣ってみよう!」「こんな風に釣ったらどうかな?」と思いを巡らせています。

その結果思いもよらない「ある意味ひねくれた」釣り方で釣ってみることに。何でわざわざ実績のない釣法で釣ってみたいのか?それだけ「釣りに行きたい病」が重篤な証でとんでもないことをしないと収まらないくらい。太刀魚に魅せらってしまっているということなのでしょうか?ただ「ひねくれているだけ」なのでしょうか?

スポンサーリンク

夕方から雨の予報

夕方から雨の予報は予想を裏切って?嬉しい展開に「そうです。雨の降り始めが遅れているようなんですね」家に帰りついたのが午後5時半ころで、そのまま着替えもせずに日高港湾に直行です。

今日は頭の中で想像していたズボ釣りで通します。棚は3ヒロ(水面から)4.5m(約3ヒロ)の竿を立てた状態で仕掛けは水面に。そのまま竿を水平にすれば仕掛けは水面から3ヒロ水中に。という単純な?不正確な?棚の決め方です。

竿は2本出して、もう1本は普段からズボ釣りに使っている2m程度の竿です。こちらの棚はロッドホルダーに竿をセットして仕掛けは水面に。そのままドラグを緩めて3ヒロ分道糸を引き出して棚を合わせました。こちらも適当で不正確ですが、なにしろ私の釣りですからこんなもんでしょう?どちらの竿も棚合わせの段階で道糸にマーキングして次からも同じ棚に落とせるようにしています。

日没後に時合い

爆釣ではありませんが、ポツリポツリと太刀魚が釣れて「爆釣日待ち」の日々が続いています。誰もが秋の爆釣日を楽しみに毎日通ってきているのでしょう。現状は、釣り場に来た全員が1尾ずつつ釣れているわけでは有りません。多分半数程度がボーズで帰っているかもしれません。それでも「釣れたらいいのにな」と期待してみんな通ってきています。

最近スーパーで見かける太刀魚は「高級魚的」な高値がついています。網でとれたのがまるわかりの傷だらけの太刀魚が390円とか。きれいな状態のしかも釣ってすぐに締めて冷蔵してあるものはもっと高値です。自分で釣れば釣ってから持ち帰って刺身になるまで2~3時間早ければ2時間以内ということもありますから、まさに踊り食いに近い状態です。スーパーの品物とは比べるべくもありませんよね。

今日は、日没前からのルアー部隊の歓声は上がりませんでした。ルアー部隊に釣れ始めたのが普段なら餌に切り替わるころの暗くなり始めたころです。しかもアタリが弱いようで釣れて見て大きさがわかる感じのようです。餌釣りも同じころからアタリが出始めていますが「豆鰺の泳がせ釣り」には何尾か釣れたようですが、それ以外の餌はみなアタリが弱く針ハズレで物になっていない様子です。私も同様に横向きに走るアタリやこつこつと咥えただけのアタリが続きましたが、なかなか乗ってくれません。

乗せられなくてもアタリがあれば

乗ってくれるか乗せられないか?は、二の次です。アタリさえあれば喰いの良い日には乗ってくれるでしょう。ウキ釣りの上手な釣り師と同じか?それ以上の回数のアタリはありました。ズボで釣っていますので、乗るまでとことん待つか?うまく誘って食わせて掛けるか?その辺のテクニックは次回以降の研究対象になりますね。

日高港湾の太刀魚は、ほとんどの場合少し沖目から釣れ始めて夜が深くなるにつれて足元に寄ってきます。たいていそうです。もちろんこのパターンじゃない日もあるようですが、早朝組はほとんどが足元にウキを浮かべて釣っています。ただ、仕掛けを潮に流せば捜索範囲も広がりますが、隣との関係で仕掛けの上げ下げが頻繁になります。

特に潮の早い日は釣りになりません。鰺などの喰ってからの勝負が早い魚はそれでも対応できますが、食わせてから合わせを入れるまでの時間が長い太刀魚はこんな混雑した釣り場では、難しい釣りになります。私は「ズボ釣りを2~3本並べて足元で釣れたらいいのにな?」なんて考えてこの釣り方を暫くやってみようかな?と思っています。少なくともアタリの面ではウキ釣りと遜色ないようですから。

 

私のことですから、明日にはすっぱり諦めて別の釣り方か?元の釣り方になっているかもしれませんが、もしも良い成果があげられるようならよく似た環境の釣り場の方々には時間の余裕があるときに試してみてほしいです。

さて、次はどこで釣ろうかな?多分日高港湾になると思うけど・・・

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事