「小ぶりでも 針に懸ければ 持ち帰る」太刀魚半夜釣り 和歌山県 日高港湾

今回の釣果画像には頂き物の細い太刀魚も含まれています。もちろん太い太刀魚は(みんなそれが目的で来ているので)自分で釣らなければなりません。細いものがめちゃめちゃ多ければ、頂き物も多いかも?

どちらにしても私はまだまだ初心者で、理屈は達者ですが、実力が付いてきていません。私に沢山釣れた日は誰でも釣れた日で、並んで釣っていた人たちは私以上に持ち帰っている日なんですよね。

スポンサーリンク

午後6時を目指して

朝から大阪方面に仕事で出掛けていました。太刀魚が釣れていることは分かっていましたし(前日も釣れた)今日も早く帰れれば釣行したいと思っていました。

幸いなことに夕方5時頃帰宅出来ましたので急いで釣り場に出かけます。例によって夕飯は釣りから帰った後になりますので、軽く腹ごしらえは帰りの車中で済ませてあります。もちろん片手運転じゃありませんよ。私は助手席でい「巻きずし」を頬張りました。

太刀魚が釣れているにしては岸壁は人影がまばらに見えます。「あれ?今日はダメなのか?」と思わせるような空気が漂っていますが、来たからには竿は出して帰りましょう。「釣れればいいけどね」「釣りたいなあ」

カマスも釣れれば

出掛けている間にも釣りの事を考えていましたのでプランが山盛りです。まずはジグサビキでカマスを狙って、その間にズボ釣りで太刀魚狙い。カマスの後に太刀魚のウキ釣り。本命は太刀魚のウキ釣りとズボ釣りの2本立て!どうです?欲張りでしょう?

呆気なくカマス釣りは不発に終わりました。太刀魚のズボ釣りとウキ釣りで頑張ります。ゆうマヅメにウキに反応が集中しました。隣で釣っている友人が先にまあまあなサイズの太刀魚を釣り上げて次は私の番。と意気込んでいましたがアタリがあっても乗らず。

友人に2尾先を越されて、やっと1尾。ここから追いかけます。これからいい調子と思った頃から潮の動きが変になってきました。「満潮の潮どまり」です。6時半ごろが満潮だったかな?動き始めて暫くは釣れても川のように流れれば(大潮)たぶん釣るのは難しいでしょう。チャンスは長くは続かなさそうです。

記憶があいまいで

潮どまり前だったか?後だったか忘れてしまいましたがズボで「4連続ヒット」がありました。投入後すぐにアタリ。2度続いて3度目。私はこんな風に連続ヒットに慣れていなくて3度目くらいになると合わせや食わせの見極めが雑になってしまいます。折角のチャンスをみすみす無駄にしてしまうことが多い。

今回はそうならないように慎重に喰わせて合わせます。わずかな間に4尾追加できました。こんなことはこの先暫くは経験できないでしょう。待っていたようにアタリが出るんですから。豆鯵のサビキ釣りみたいにね。

「あれ?みんな帰ったんか?」友人が言います。それを聞いて私も周りを見渡しますが、ソコソコ並んでいた人たちが知らない間に帰ってしまいました。残っているのは10人いるかな?否、5~6人でしょう?私たちを含めて。

ここだけかいな?

友人が「釣れてるんはここだけかいな?」とつぶやきます。「それなら特等席やな!?」私が言って釣り続けます。ズボ釣りの忙しさは無くなりましたが、ウキ釣りもボチボチ喰っています。私のクーラーに10尾は十分越えているでしょう。

※一日前

午後8時前に「8時の人」が「煙樹ヶ浜に行ってきた!」と寄ってくれました。「今日も釣りができる状態だったのなら行けばよかった」と後悔です。広い浜にポツンと寂しい釣り場ですが、広々と周りを気にせず釣れるので私は好きな釣り場です。

釣りモノは別として「日高港湾」と「煙樹ヶ浜」どちらもコンディションが同じなら私は迷わず煙樹ヶ浜を選びます。あれだけサメに仕掛けを取られても行きたい釣り場です。

友人が帰って

「明日の朝早いので」と午後8時ころ友人が帰り支度を始めます。釣れ渋っている時間帯でしたので、頃合いを見計らっての納竿ですね。いつもの事なんですが、この友人が帰り支度を始めるとほとんど決まって私にヒットがあります。ジンクスなのかなあ?

今回もありました。見事に絵にかいたようなヒットです。暫くウキが沈んだ後、浮いてきて2度目を待っても沈まない。竿先を上げて聞いてみると「グイッ」と手ごたえがあり合わせます。気持ちよく釣らせてもらいました。彼が帰った後、何尾か?追加して約1時間。9時前になってアタリが止まったので納竿としました。

台風が近づいていますが、大きく荒れることは無いかもしれません。太刀魚釣りは去年の記録を見れば10月上旬がピークでした。今年も同じような感じかな?あとしばらくは楽しめそうですね。

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事