「釣れるはず 当たる日もある 釣りの勘」煙樹ヶ浜の鯵釣り 和歌山県

日高港湾で暫くいい思いが出来ていない私にとって頼みの綱は煙樹ヶ浜です。釣行する途中に「日高港湾の太刀魚の釣果も上向いてきた」と情報が入りましたが、「私は煙樹ヶ浜モード」に入っていましたので、時すでに遅く(器用に切り替えができない性格なので)そのまま煙樹ヶ浜に向かいます。

最近の浜は、釣れなくなってから情報が無く知り合いの中ではほとんどだれも釣行していない様子です。煙樹ヶ浜のWEBカメラを見てもルアーを投げに来ている釣り師は居るようですが、一日じっくりと座っている様子もなく「おそらく釣れていないのだろう」と容易に想像できます。

ただ、「前回荒れた後の落ち着きの最良日」が今日あたりだろうと予想できますし、「時期的にも釣れてもおかしくない時期」だということで「調査隊の気分で」出かけてみます。何より「暫く魚が釣れた感触」から遠ざかっていますので「それを味わいたい」これが一番の目的なんですよね。

スポンサーリンク

浜に着いて

今日釣行することは師匠にも連絡していました。彼は、日高港湾に寄ってみたいので遅れるということでしたが、師匠と私の共通の知り合いも参戦していて浜の駐車場で待っていました。取り敢えずは二人で渚に向かいます。

画像でもお分かりのように天気予報や波の予想がズバリ当たって海面は池のような状態です。波やうねりは殆どありません。去年は11月から今年の3月までほとんど毎日此処に通いましたが、こんな静かな煙樹ヶ浜は3回あったでしょうか?おそらく100回近くここで釣っていますから30分の1程度の稀な海況です。ベタ凪のショアに電気ウキを投げるの良いもんですね。

波も静かで満潮からの下げ潮の時間帯です。潮は左から右に緩く流れていますが、これが右から左に変われば釣れ始めるでしょう。渚からの距離によっては既に止まっているか?若しくは緩く右から左に流れている部分があるかもしれません。取り敢えずはその部分を探してみましょうか。

渚からの鯵釣り

1カ月ほど前に来た時には明るい内にも釣れたことがありましたが、此処「煙樹ヶ浜」の鯵釣りは「暗くなってから釣れ始める」のが定番です。一般に「トツカ鯵」と呼ばれる夕暮れや朝マヅメに釣れる鯵のオールナイト版だと私は考えています。

オールナイトと言っても切れ目なく釣れる日は稀です。ほとんどが周期的に回遊してくる鯵をポツリポツリと釣りあげるわけですが、渚から遠投していますので長い距離を寄せて来るのが難しい。鯵は口の弱い魚ですから強く引っ張れば口が切れて逃げられます。

魚体が大きくなればなるほど慎重なやり取りが必要ですが、距離が長いのでやり取りの時間も長く針外れのリスクが増えます。更に深場のように上に引き上げる釣りなら上あごにヒットする確率も増えますが、此処はほぼ水平のフッキング(上下差は棚の2ヒロ程度と竿の長さ)ですし寄せる方向もほぼ水平方向ですので鯵が横に首を振っただけでも針外れのリスクが増大します。柔らかい竿でクッションゴムなどを駆使してドラグも緩めに道糸はPEよりナイロンで。と、いろいろ工夫が必要になります。

暗くなって

潮の方向はまだよくありませんが、アタリが出始めました。ただ、仕掛けが切られます。初めはサメが居てヒットした鯵をさらっていくのだろうと想像していましたが、その犯人がヒットして手前で切れた時、意外と手応えが小さく感じました。(私は此処で弓角を使って1m越えのサメを釣ったことがあります)これは太刀魚か?そうです仕掛けを切った犯人は太刀魚でした。何回目かにサビキに絡んで1尾上がってきました。

ヒットした鯵も太刀魚に横取りされないようになるべく強引に取り込みます。その分針外れのリスクは増えますが仕方ありません。やっとのことで取り込みに成功して鯵が釣れました。今のシーズンとしては良いサイズです。

ポツリポツリとですが、針外れしながらも「鯵が釣れて良い気分」もつかの間でした。今度こそ本物のサメがやってきました。良いサイズの鯵がヒットして慎重かつ迅速に巻いてきていたら、突然強烈な締め込みでウキが20m近く横走りしました。

「ありゃりゃ、ついに来たか!?」仕掛けも(今回は太刀魚にもやられましたので)4セット目か?大損害です。極めつけは、8時も過ぎて「そろそろ終わりにしようか?」と仕掛けを投入したままで片付けをしていたら、突然竿が海中に引き込まれて行きます。

慌ててリールの部分を足で踏んで押えました。竿を立てたら糸が切れた後で、仕掛けは5セット目のロストでした。ここまでですね。今日の釣りは。粘れば鯵の数も増えるでしょうが、仕掛けも底をついてしまいます。納竿して帰ります。今回は「釣りたいけど半信半疑での釣行」でしたのでこれだけ釣れれば御の字です。

「煙樹ヶ浜の鯵」シーズン開始です。お近くの鯵釣りファンの方、宜しければ一度チャレンジしてみてください。難しいことはありません「投げて釣る」釣れれば「煙樹ヶ浜の鯵釣り」にはまりますよ。

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事