夕方になると「ムズムズしてくる」釣りに行かなければ「気が済まない感じ」です。煙樹ヶ浜 鯵の遠投サビキ釣り

※暗くなってから釣り座に着きましたので、景観の画像は撮れていません。
これはよく似た天候の日の煙樹ヶ浜の画像です。

午前中、出かけたついでに新しく餌を買ってきて冷凍しています。

そのうちアミエビ3kgのブロック一つはそのまま放置して解凍中でした。

 

昨日は遅くまで釣っていましたし釣果も良かったので、

今日は釣行はお休みしようかな?」と思っていましたが

今日も行くど!」という友人たちからの電話が鳴れば

じっとしているわけにはいきません。

やはり釣行してしまいました。

 

それが狙いでアミエビを解凍していたんだろう!

ご指摘ですか?

 

その通りです。」ネタは完全にバレていましたよね。

行かんと辛抱できるわけ無いやん。

嫁さんもそう言ってました。

※暗くなってから釣り座に着きましたので、景観の画像は撮れていません。これはよく似た天候の日の煙樹ヶ浜の画像です。
スポンサーリンク

時合いが遅いので

午後8時には納竿と決めて出かけます。

時合いが遅いので午後6時前の出発ですから、

実際の釣っている時間は2時間ありませんよね。

 

こんな釣りで釣果が上がれば楽なのですが、

そう容易ければ「釣り場は鯵釣り師で溢れますよね。」

「簡単には釣れないから良いんです。」

 

何だかんだ思いながら釣り座に着いて釣り始めたのが午後6時半頃でした。

駐車場には大阪ナンバーも何台か見かけましたよ。

「8時の人」はまだ来ていないし。

※暗くなってから釣り座に着きましたので、景観の画像は撮れていません。
これはよく似た天候の日の煙樹ヶ浜の画像です。

もう一人の知り合いはずっと南の方で既に釣り始めています。

釣り座を探していると

昨日も来ていたご近所さんの釣り師」です。

少し話して隣(南側)に入ります。

この並び方はこれで3日連続になります。

 

この釣り師は私より10歳くらい年配でしょうか?

それでも研究熱心な人で

思うように釣果が上がらないようで、

毎日新しいアイテムを持ち込んで試行錯誤中」のようです。

少なからず私もそんな時期がありました。
彼のようなベテランなら

「この釣り場に合わせれる」のも間もなくでしょう。

それにしても「好きですね」お互い。

※暗くなってから釣り座に着きましたので、景観の画像は撮れていません。これはよく似た天候の日の煙樹ヶ浜の画像です。

打ち込みのペースは緩めません。

やはり「釣れ始め」は7時を回ってからでした。

普段ならこの時点で既に1時間以上打ち込んでいますので、

撒き餌の効きは心配ないのですが、

高々半時間程度の打ち込みでは心もとなくてペースは緩めません。

 

じっくり待って喰わせる方が良いのか?

更に撒き餌を重ねる方が良いのか?迷うところですが。

「8時の人」も私の南側、3日連続で3人同じ並び方です。

「8時の人」は7時少し前から参戦しています。

※この日の釣果です。

とても早く過ぎていきます

釣っている時間と言うのは、普段の生活と違って

とても早く過ぎていきます

私だけの感じ方でしょうか?

否、ほとんどの釣り師が同じ感じ方なんだろうと思います。

 

そうでなければ、みんなあんなに何時間も座っていられない

読んでおられる方々は如何ですか?

それで1時間や1時間半と言うのは

「あっという間」だというのはお分かりいただけると思います。

 

私と私の友人の「8時の人」は午後8時頃納竿としました。

釣果は、二人とも数や魚種は奇しくも同じでしたが

「8時の人」の方が型が断然良いんですよね。ここが辛いとこ。

竿を出して少し釣れれば「鯵はまだ居ると、安心して」帰る。

こんな感じの釣行でした。

私としては大きいのがもう少し欲しかったかな? 

 

では、また。


釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事