スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「久しぶり 波止の釣り場も チョイ渋く」

タチウオが釣れているのは分かっていましたし、そろそろ鰺の活性が回復しても良い頃だと思いながら釣行のチャンスは浜の方に向いていました。今回は、久しぶりに日高川河口南側の港の岸壁に釣行してみます。

いつものことながら、太刀魚の回遊シーズンになれば大混雑になる岸壁ですが、今年は浚渫工事?か何かの準備で一部が使用中になっておりその分、釣り人が使えるスペースも制限されています。

更にこんな状態の中、砂利運搬船が接岸するともなればさらに釣り場が制限されてしまいます。深夜の時間帯には常連に都会組を加えた程度でほぼ思う釣り座付近には座れますが、午前3時ともなれば「出勤前の太刀魚狙い」が次々と詰めかけてまさに密の状態になってしまいます。

ただ、この混雑も若手のルアーマンが大半を占めていますので、時間が来れば爆釣モードであっても釣り場は一気に空き始めます。みんな眠たい目を擦りながら職場へと急ぐわけです。「みなさん、どうか安全運転で!」

スポンサーリンク

深夜は鰺、早朝は太刀魚。

今回の釣行の前に、情報収集は一応してあります。釣り方や、概ねのタイミングなどです。例えば、深夜の時間帯は鰺の方が良いようです。ズボ釣りで、釣り座は丘寄りの方が良いみたい。

空が白んできたころからは、ルアーで太刀魚釣りです。今回も大物の太刀魚狙いの釣り師たちは深夜の間も沖に近い釣り座で餌釣りに熱心でしたが、見た感じでは期待外れに終わってしまっていたようです。

深夜帯の鰺釣りも今朝は全くの不発でした。何年来、毎日のように通っている地元のベテランでも鰺はゼロだったと嘆いていて、仕方がないから餌釣りで細い太刀魚を釣って紛らわしたようです。

半夜の時間帯に丘寄りで

私は、鰺狙いなら丘寄り、太刀魚狙いなら沖寄り。という情報を得ていましたが、自分の勘に拘ったので、いつもポイントの近くに釣り座を構えました。結果はこの判断がまさに「凶」と出たわけで、知り合いが教えてくれた情報に従っていればよかったと反省しています。

「太刀魚は、良く釣れるが細い」という評判なのでどちらかといえば狙いは鰺だったんですが、中途半端な釣り座を選んだために「一兎目の鯵は逃してしまった」ということになりました。

やはり「鰺狙いは丘寄り」でした。実際、半夜の時間帯で私より僅か10mほど丘に寄った釣り座で知り合いが鯵を10尾以上仕留めていました。私は、1尾だったんですよね。

太刀魚はなんとか面目躍如

あまりに鰺が釣れないので、私は暫く車で仮眠をとることに。「ま、4時に目覚めれば十分だろう?」と1時ころからウトウトとしていました。釣り座の方は知り合いが近くで釣っているので声掛けして片付けずにそのままにしてありますから、目覚めればそのまま太刀魚釣りができるはずです。

「午前4時に起きれば・・」と高をくくっていたんですが、午前3時ころに人の気配で目覚めたら、整然と釣りができていた岸壁が人と車で一杯になっています。釣り座に着くときには「これくらいの間隔」と思って隣との間合いを取っていたのが次々と間にルアー釣り師が割り込んでいてすし詰め状態になっているではありませんか。

しかも、わずかな隙間に割って入るのが当然みたいに黙ってどんどん間に入ってきます。「これはいけませんよね!」その場を険悪にさえせたくないので何も言いませんでしたが、最低限の声掛けは必要だと思います。

恐らくは、無理に割り込んでいるのは割り込む方も十分承知なので声掛すれば非常識な自分を自ら断罪してしまうことに繋がるので声掛けしないで割り込むのでしょう。ただ、針の付いた危険なルアーを投げるし、私のようなルアー初心者もいるわけで(私の場合は自分の技量を勘案して成るべく早めに行って隣と適度な間隔をあけて投げる努力をしています)

「俺なら僅かな隙間でも釣りが可能だ!」と思う名人でも安全を考えて「遅れて来て釣り座がないなら釣りを諦める」くらいの余裕をもって釣り場に来てほしいと私は思っています。そんなこんなでですが、何とか大きなトラブルもなく太刀魚も画像のような釣果を上げることができました。

途中、先輩が「鯖釣れだしたぞ!」と声掛けしてくれましたので、急遽サビキを取り出してサバも狙ってみました。小ぶりですが、時期がいいのか煮つけで食べたら旨いサバでした。「秋サバは 嫁に食わすな!」とはよく言ったものですね。  

では、また。

おかず釣り師が行く!ダイソー・太刀魚テンヤの改造1号