昨日は「煙樹ヶ浜」には雨で釣行出来ず!「今日こそは」と期待したが「波が収まらず断念!」帰りに「浜の瀬漁港でガシラを狙う」も「地球」

昨日は早朝から「所謂釣り三昧」の一日でしたが、それも夕方からの天候が思わしくなくて「雨の予想」。ならば雨の前に「釣れるだけ釣ってやれ」ということで長時間竿を出してみましたが「散々な結果に終わって」フラストレーションは満杯です。

日高港湾の3日目。2日続けて「思った釣り」が出来ていないので3度目の正直と言うことで「朝~昼前、昼過ぎ~夕方」とやってみましたが。

日高港湾で「30cmクラスのマルアジ」や「40㎝クラスの鯖」が釣れているという話を聞いて3日連続(2日は早朝から午前中、3日目は早朝から夕方まで※途中帰宅して食事と仮眠)やってみましたが、「ツルツルの丸ボーズこそ逃れたモノの1日目は小鯵が40~50尾、2日目は小鯵が1尾、3日目も小鯵が1尾)という散々な結果となりました。

昨日は荒れたので「中一日空けての煙樹ヶ浜です。」1日だけの事なのになぜか懐かしい感じがします。投げサビキ 鯵釣り

昨日は大荒れの天気でしたね。私は「日高港湾」に2日連続で釣行するも「1日目は小鯵が40~50尾で不満は残ったモノのボーズではありませんでしたが、2日目の昨日(土曜=休日)は出遅れもたたってか小鯵1尾(にゃん様のお食事)でした。

土曜日の朝「昨日のリベンジに!」と早起きしましたが、砂を積んだ船が入港していて釣りになりませんでした。日高港湾 投げサビキ釣り 

金曜の午後に船が入港する話は聞いていましたが、そのあとにもう1隻入港して来るなんて「聞いてないよ!」吠えてみたって仕方のない話ですが。「釣れ始めたら、呼ぶから釣り竿とクーラーを持っておいで」と孫に約束して早起きしましたが、計画は儚(はかな)くも消えてしまいました。

日高港湾で尺鯵(マルアジ)や鯖(40㎝クラス)が釣れているらしい。雨風で荒れた後、駆け付けたが「ハズレ!」小鰺を40~50尾釣って鯵フライにしてもらう

ここ2~3日のこと。「日高港湾から景気のいい話」が聞こえてきていました。「40㎝クラスの鯖の話」や「マルアジの尺クラスの話」。気にはなっていたのですが「煙樹ヶ浜」の時間割とは全く違う朝の時間帯なので体調のリズムが狂うのも嫌だったし「暫く躊躇」していました。それでも「隣の芝は青い」。

「今日も今日とて お魚さんに 棚が合わずに 見過ごされ」最近は「日高港湾のマルアジも良いらしい」が「煙樹ヶ浜の真鯵」に拘っています。

最近よく聞く情報では、日高港湾の評価が高そうです。「午前中にマルアジの尺クラスが竿頭で50尾+」とか?「荒れた夕方に(二人しか釣り師が居なくて)竿頭が100尾+」とか?「表向きのテトラでメータークラスのメジロが連日」とか?マルアジもメジロも全く釣れない日もあるのでギャンブルですが、毎日釣行派にとっては問題のないレベルのギャンブルですよね。

「周りが釣れているのに自分だけ釣れない!」疎外感に苛まれます。友人のアドバイスでやっと「釣れない状況を克服できました」煙樹ヶ浜の鯵釣り

周りの誰よりも早くから投げているのに!周りの誰よりも数多く投げて撒き餌を効かせているはずなのに「全く釣れません」どうしたんでしょう?何が悪いのでしょうか?棚が悪いのか?釣れている人に聞いてみて、果てには「竿を並べてウキ止めの位置を比べてみたり、色々やっても釣れません。

夕方になると「ムズムズしてくる」釣りに行かなければ「気が済まない感じ」です。煙樹ヶ浜 鯵の遠投サビキ釣り

午前中、出かけたついでに新しく餌を買ってきて冷凍しています。そのうちアミエビ3kgのブロック一つはそのまま放置して解凍中でした。昨日は遅くまで釣っていましたし釣果も良かったので、「今日は釣行はお休みしようかな?」と思っていましたが「今日も行くど!」という友人たちからの電話が鳴れば「じっとしているわけにはいきません。」やはり釣行してしまいました。

知り合いに習った「ワームで釣るガシラ釣り」寒い日でしたが、夕間詰(ゆうまづめ)、浜の瀬漁港でごく短時間です。

鯵釣りの友人「8時の人」の出動が最近少し遅くなっています。別に釣りは趣味の世界だから他人の時間割に関心はありませんが、一度「ここに来る前にガシラを釣ってきた」と話していたことがあったので「ガシラ釣りも教えてもらえたら」と欲張って聞いてみました。