スポンサーリンク

マル鯵しか釣れなかったけど「刺身にして夕飯のおかずに」

前日に早く寝て、早起きして波止の釣りに行ってきました。「こんな筈じゃない!」と言いたい程釣れませんでしたが、粘った末にやっと釣れた鰺が2尾。刺身にして夕飯にいただきました。

 

今朝もいつものように早朝3時に起きて通い慣れた波止に向かいます。釣り座に着いたのが午前4時頃です。長く続く岸壁には一番の特等席には常連が一人場所取り阿している様子ですが本人はまだやってきていませんでした。

 

結局明るくなるまでは私一人という事に。この釣り場がこんなに閑散としているという事はホントに珍しいことです。それほど釣れていないという事なのか?ま、悲観的になるのはやめにして得意のズボサビキで釣り始めますが2時間ほどはアタリがあってもヒイラギかネンブツ鯛です。

スポンサーリンク

明るくなり始めたころに

明るくなり始めたころに先輩が「釣れないことは想像しているが様子を見に来た」とやってきて「貸し切りやなあ!」と寂しそうにつぶやいて釣り始めました。私は暗いうちから明るくなるまではズボで釣ってみて明るくなったら投げサビキに変える計画です。

 

暗いうちは大胆な魚たちも明るくなったら警戒心も強くなって波止際から離れたところを回遊するだろうと想像しているわけで、ズボ釣りをそのまま沖に移したような形で投げサビキに変えていこうという魂胆です。

 

珍しいほど全くいい釣果がなかった鯵釣りも投げサビキに変えてからの一時間で(やっと)2尾釣れましたので「ショボいながらも計画は良かったんだなあ」と釣果以上に自己満足できた釣りでした。

※鱗を取った状態です。

「好きな飲み物」が冷蔵庫に

やっとのことで釣った2尾の鰺のサイズは25cmほど。2尾ともに揃えたように同じ大きさです。ただ、鯵の種類が真鰺じゃなくてマル鯵なんですね。2尾とも。私はまったく気にしていないんですが、人に依れば「真鰺が1番で、マル鯵は2番」と考える人もいるようですね。

 

家に帰って釣り道具の片付けが終わったら早速今回の獲物の処理をしておきます。処理と言っても簡単に内臓や鰓を抜いておくだけです。これは、私なりのアニサキス対策でして、刺身にする場合はなるべく早く内臓を抜くようにしているんですね。

 

是非とも刺身で食べたいと思ったのは、冷蔵庫に「私の好きな飲み物」が冷えていたからで「これで鰺の刺身で一杯!」と考えただけで夕飯が楽しみになりますからね。和風も良いですが、どちらかと言えば近頃の私は洋風な飲み物が良いですね。

夕飯前に鯵を料理します。

内臓を抜いたあとに軽く塩締めしておけばいいのですが、しょっぱくなっては元も子もありませんので、刺身にする前にごく薄く塩締めして刺身にすると新鮮な刺身がさらにおいしく食べれます。

 

塩締めとは・・前にも書いたと思いますが、刺身にする前に冊に切った後ごく薄く塩を振って水分がにじみ出してくるまで5分程度待って、そのあと(今回は)クッキングっペーパーでくるんで滲んだ水分をきれいに吸い取って(拭きとって)刺身にしました。

 

こうすることによって新鮮な鰺の刺身がさらにおいしくいただけます。最近はネット上でも買って来た冊どりの刺身用の切り身を「薄く塩締めしてさらにおいしく」という記事を多く見かけますが、試してみられることをお勧めします。

軽く塩締めした鯵

ごく軽く塩締めした鯵は臭みも全く無く、身の旨味も増した感じがします。私はチューブのワサビより粉ワサビの練ったもの(練りワサビ)に拘りがあってこれがないと刺身を食べた気がしないというくらいの偏屈者なんですね。

 

そういう割には刺身の妻には特にこだわりがなくて「無ければ無いで構わない」という大雑把です。今回も美味しくいただきましたよ。刺身は毎日でも構いません。特に鯵は飽きが来なくていいですよね。サバの刺身も好きですけど。

 

ただ、25センチ程度の鰺が2尾では3人家族で「刺身をチョコっと」と言うのが精いっぱいです。メインのおかずではなくて脇役な感じになってしまいます。更に「孫に配ったり両親に配ったり」と言うのは無理なことです。もう少し多く釣りたいのが理想です。

去年や一昨年の記録

去年や一昨年の記録を読み返してみても、この時期はこんな調子だったようです。例年のことだから仕方ないのでしょうが、こんな時期でも魚は居る筈ですから、釣り場の選択や釣り方の研究は怠りなくやるべきですよね。

 

できれば毎日こんなにおいしい刺身を食べるために。  

 

では、また。

※アケビの花

サビキって何回有効に使えるんだろうか?使った後のメンテナンス