年末年始には「寒さを気にせず釣り!」「煙樹ヶ浜」「日高港湾」 何末年始 サーフジギング サビキ釣り 太刀魚 カマス 鯵 鯖 青物 アオリイカ

今年も残り僅かとなりました。

年末年始には帰省されますか?海外旅行?国内?

 

寒さを気にせず釣り!」と言う方も居られるでしょう。

冬場でも「陸っつぱり」で釣れている場所は必ずあります。

私が普段通っている?

煙樹ヶ浜」「日高港湾」もそのうちの釣り場で

正月休みにどこに釣りに行こうか?」と迷っておられる方々。

今日の時点で煙樹ヶ浜は、

波が高くて確認は出来ていません(なるべく年内にレポートいたします)が、

日高港湾は

「昼間や朝マヅメ、ゆうマヅメはイマイチ」ですが、

 

夜間(午前0時~午前6時)は25cm級の大鯵を含む鯵が

「足元のサビキズボ釣り」で今のところ釣れていますので

正月もたぶんOKだと思います。

※日高港湾大岸壁から北東方向

国道からの日高港湾入り口北側の漁船の

係留されている船溜まりの大カマスや

日高港湾の太刀魚も可能性はありますが、

今のところ良い釣果は上がっていないようです。

 

また、日高港湾に関しては、

南側(関電人工島)と向き合う形の護岸テトラから

アオリイカが釣れているようです。

※日高港湾からの12月24日夜明け前の月

昨日から今日にかけて

昨日の早朝に「日高港湾」で鯵が釣れましたので、

夕方には「煙樹ヶ浜」で「遠投サビキ」をやろうと

出かけて渚まで行ってみましたが、

 

足元を洗われるような波で

2日連続ですが、断念して帰ってきました

 

顔見知りのご婦人の釣り師が

「親戚の者がどうしても釣りたい」というので

「波が荒いのを承知で来た」と数人で釣行してきましたが、

波の状態を見て渋い顔で釣り座を設営していましたよ。

「煙樹ヶ浜」を断念したので

「日高港湾」以外にアテもなく夕方早く寝て

深夜から釣行することにしました。

2日続けての日高港湾通いです。

風が強くて

釣り始めから数投目で1尾目が釣れて順調な出足です。

ポツポツとですが釣れていきます。

型は小さいですが。

 

今日の時合いは午前4時を中心とした時間帯と

予想していますので釣れなくても小さくても我慢できます。

 

ひたすら撒き餌をするつもりで打っていきます。

ただ、風が強くて「防寒を着こんで寒くはないのですが」

仕掛けの上げ下げが難しく置き竿が出来ません。

 

竿受けを注文していますが、

何時間前か?に注文したので、

今日のこの釣りには間に合いません。

ベルモント(Belmont) ニューロッドホルダー230C MS096

新品価格
¥2,063から
(2018/12/24 13:00時点)

仕掛に付ける錘等を工夫して扱いやすくしましたよ。

それでも置き竿にはできず、手持ちで釣っていきます。

 

3時頃には後から来ていた地元組のベテラン二人も帰っていきました。

強風で遠来組も釣り場を変えてくれましたので

どうしても釣りたい私のような地元組だけが残り、

それに早朝の地元組が加わった陣容となりました。

 

と言っても4人ほどですけどね、釣っているのは。

私の予想が的中

めったにないことですが、

私の予想が的中して午前4時頃爆釣モードに!

 

ただ爆釣と言っても「1投1尾で時々入れ食い」程度ですが、

前にも書いたことがあるように

時々25cmオーバーが混じりますので

期待値はかなり大きいですよね。

 

隣で釣っていた「朝から組の地元釣り師」が

ポツリポツリとした釣れ具合なので棚や仕掛けを聞いてきます。

 

もう少しで撒き餌が無くなるから、そのあとここで!

と言って棚等も教えてあげましたよ。

寒い中で何時間も撒き餌を繰り返してきた釣り座ですので

値打ちのわかる釣り師に後を釣ってもらえたら嬉しいですよね。

 

釣果の方は50尾程度、

25cmクラスは20尾あったかな?

珍しいところで「キントキ鯛」が1尾釣れました。

これは煮つけでいただきます。

 

今夜は、クリスマスイブで孫たちに会いに行きますから

釣りはお休みで防寒着も洗ってもらいます。

あと今年の課題は「煙樹ヶ浜の具合を見に行くこと


では、また。