スポンサーリンク

ゆうマヅメが時間切れしてしまう釣り場なので、午前の開場時から釣ってみました。

前回この釣り場に釣行したときには釣り初めから熱心に撒き餌しましたが、釣れ始めたのがゲートが閉まる直前でしたので「これから!」というタイミングで納竿しなければなりませんでした。

 

これからの季節(夕暮れが遅くなるので)ゲート閉鎖時刻に限りのあるこの釣り場の釣りは無理なのか?と諦めかけていましたが朝の釣れ始めが比較的遅いようで、今の釣りモノなら午前中の比較的ゆっくりした時間帯からでも釣行が可能らしい。

ただ、所詮午前8時ころから午後5時半頃までのホンの昼間だけの釣りですから、日本記録を狙うような釣りは望むべくもありません。今の時期だけはゲートオープンの間に釣れ盛るチャンスがあるから通う価値がありますが、これがいかにも本格的な朝マヅメやゆうマヅメの時間帯を狙う釣りが目的ならタイミングが全く合いません。

スポンサーリンク

前回の時間切れの苦い経験

前回は、熱心に撒き餌した後に「さあ、これから」と釣れ盛って来たタイミングでゲート閉鎖の時間が迫って後ろ髪を引かれる思いで帰ってきましたが、さて「リベンジ」と作戦を練ってみてもこれからの季節やこれからの潮時を考えれば午後の時間帯での巻き返しは難しい感じがします。

 

それなら午前中はどうなんだろう?と思った矢先に私と同じことを考えたた友人(ここ2回ほどこの釣り場に同行していた)が早速この日の翌日に午前中から此処の釣り場に出かけてみてくれていました。

 

彼の調査によれば、午前中にも釣れ盛るチャンスがあって、それが朝マヅメとかではなくて8時過ぎのゲートオープン時ちかくに入っていれば、午前中には一度くらいは爆釣になる機会があるらしいということでした。実際に彼も9時過ぎに入場して小鯵と鰯を合わせて50尾程度を釣って帰ったらしい。

「朝から釣りに行く」と嫁さんに言っておいて

明日は「朝から釣りに行くから」と嫁さんに言っておきます。「午前中には帰ってくるから」とも言っておきます。普段の釣りなら夜釣りや早朝の釣りですから昼間の釣りには最近出かけていないのであらかじめ予定は話しておきます。

 

そのうえでアミエビのブロックを解かしておきます。前日の午後からですのでこの時期なら釣り開始時にはまだシャーベット状でしょうね。少し前までなら前日から解かしておいても「釣行時に未だカチンコチン」ということが当たり前でしたからかなり暖かくなってきたということがこのことからも分かりますね。

 

翌朝(今朝のことです)、午前7時半ごろに家を出て釣り場に向かいます。だいたい8時ころには着く予定なんですが、ゲートオープンが8時半頃ならそれだけゲート前で待つことになるでしょう。幸い8時をちょっと過ぎたころに着きましたがゲートは既に開いていました。

午前9時前から釣り始めて

釣り始めて港の奥向きに釣っても入り口向きに釣ってみても全く反応がありません。ならば「魚は沖から港内に向かって泳いでくるはずだから」と、沖向きに腰を据えて釣り続けます。30分も経たないうちに小鯵が釣れ始めました。小鯵が釣れ始めたのに気をよくして更に熱心に投入を繰り返します。

 

そのうちに、イワシが混じってきましたよ。しかも前回よりは若干サイズがいいような気がします。イワシが釣れて、イワシが釣れない間には小鯵が釣れて・・。良いローテーションですね。1時間ほどこんな状態が続いて「ちょっと休憩したいな!」と思い始めたら、隣で釣っていた知り合いが「突然釣れ止まるから、釣れてる間は休まず釣ること!」と笑っています。

 

私がくたびれてきたのが分かったのでしょうか?こんな風に「激?」を飛ばしてくれました。そして・・なるほど午前の此処での釣りに慣れた知り合いの言う通りです。さっきまであんなに釣れていたのがピタッと釣れなくなりました。時計を見ればちょうど1時間ちょっと経っています。ここら辺が潮時でしょうね。汗もかいたことだし。

 

家に帰って数えてみたら小鯵と鰯が合わせて100尾を超えてました。嬉しい釣果です。さっそく身近な人たちに裾分けしましょうか?で、明日は?・・多分行くでしょうね明後日は野暮用で行けないし。   

 

では、また。

 

夕方5時半に閉まる釣り場は、なかなか攻略の難しい釣り場ですね。