日高港湾で30㎝クラスのサバ、25㎝クラスの鯵が早朝に釣れるらしい。サビキ釣り

日高港湾の夜釣り(深夜から早朝)

30㎝クラスのサバ

25㎝クラスの鯵が釣れている

という情報で釣行してみました。

深夜の釣りで体力的にはハードですが、

獲物が大きいだけに

釣れれば満足度十分な釣りになりますので、

期待は膨らみます。

スポンサーリンク

早起きします

起きたのは午前1時半です。

アレクサに起こしてもらいました。

夕方のうちに餌から道具まで準備していましたので、

熱いコーヒー入りの魔法瓶と

照明器具を積み込めば準備は一通りokです。

もちろんクーラーには十分な量の氷が蓄えられています。

 ※画像は、午前6時頃、砂利運搬船が接岸したときのものです。

午前2時過ぎに岸壁到着。

1番乗りは叶うとは思っていませんでしたが、

やはり無理でした。

1番乗りは(聞いたところによると)

前日の午後10時から来ている人が居ました。

日の出が、午前6時ですからそれまでと限定しても

8時間は岸壁にいるわけで、その辛抱には頭が下がります。

到着時には20人程度が既に釣りを始めていました。

午前0時頃に1回目の鯵の回遊があったとか。

話がはずんでいるところを見ると今日はよく釣れているようです。

そうは言っても(波止釣りとしては)大型の鯵を狙うのですから、

5尾~10尾程度の話なんですけどね。

中でも年配者の話では、

次の時合いは4時半ごろだということですので、

少し余裕がありそうです。

太刀魚でも狙ってみましょうか?

 ※画像は、午前6時頃、砂利運搬船が接岸したときのものです。

時合いはやってきました。

太刀魚は、サンマの切り身が餌でウキ釣りです。

少しの間は、太刀魚中心にやっていましたが

鯵もポツポツ釣れ始めましたので、サビキ釣りも始めます。

前回の夜通しの釣りの時には「安価なサビキ」に拘り過ぎて

悲惨な釣果に終わりましたので、

今回はその学習効果を十分に発揮して

サビキ」から「餌かご」「クッションゴム」まで

持てるスキルを最大限に使っています

「撒き餌」も従来なら「アミエビにアジジャンボ」なのですが

今回は「アミエビにアジパワー+アジジャンボ少々」ではりきっています。

午前4時前でしょうか?サビキ竿に大きなアタリです。

竿の弾力を十分に生かして「口切れ」を防ぎます。

マルキュー アジパワー(東日本店)

価格:360円
(2018/11/9 12:22時点)
感想(0件)

竿を立てて竿が十分に曲がるようにする方法を取ります。

もちろんクッションゴムも頑張ってくれているはずです。

大きな鯵はやはり重量感が違いますね。

針が上あごに掛かっていたので無事に取り込むことが出来ました。

手で掴んだ時の感じは

今までの鯵とはまったく異次元のもので

その大きさに圧倒されますね。

これが、波止からのサビキ釣りとは信じられない感覚です。

最大で3連

一番多い時には3連で掛かりましたよ。

いつもの「鯉のぼり」も

ビッグサイズの「鯉のぼり」になりましたよ。

ただ、この3連の時に取り込みに手間取って

1尾を「巡回中のニャンコ隊」に横取りされてしまいました。

夕方の釣りの時には居ないのに

早朝は巡回してるんですね「ニャンコ隊

 ※画像は、午前6時頃、砂利運搬船が接岸したときのものです。

引いてるんと違うか?

鯵が釣れている最中に、隣の釣り師が

兄ちゃん、そのウキ。引いてるんとちゃうか?

と言ってくれて竿をもって見ると太刀魚が掛かっていましたよ。

左手に鯵、右手に太刀魚です。

釣り人としては夢にまで見たダブルヒットです。

まずは、落ち着いて太刀魚に強く合わせを入れて、

鯵を取り込みます。

そのあとに太刀魚を取り込んでパニクらなくて済みました。

ジャリ運搬船入港

時合いの後も太刀魚1尾を追加。

鯵もポツポツ(小さなサイズも幾つか混じりましたが)と釣れて

午前6時前に再び時合いが訪れて来ました。

しかし残念なことにここでタイムアップです。

砂利運搬船の先導ボート」がやってきて

ここからここまで船が付きますから撤収してください

と号令がかかりました。

折角の時合いなのに・・・」憮然としていると

「片づけ!片付け!」常連組は「テキパキ」と片づけています。

帰り際

後ろ髪をひかれる思い」とはこんな感じなのでしょうか?

そんな思いで車を走らせていると

船の停泊している陸側の空きスペースに釣り座が少し空いていて

知り合いがルアーを投げているのが見えました。

もう少し太刀魚が欲しいな」と思ったので踵を返して

太刀魚のルアー釣り」に。

2投目くらいに太刀魚。

それから

エソ

エソ

太刀魚

と釣れて時合いが終わったようですが、

隣を見ればサビキで波止としては良型のサバが爆釣しています。

丁度、撒き餌の残りもあったのでサビキ釣りを始めます。

「時合い」に間に合いましたよ。

30cmクラスのサバを10尾程度追加できました。

釣りはタイミング」つくづく思いましたよ。

帰って

帰って「獲物」は、両親や孫たちに分配も出来ました。

私には、嫁さんがこんな料理にしてくれましたよ。

 ※鯵の刺身

 ※サバの梅煮

海の恵みに感謝! 

では、また。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする