おかず釣り師が行く!「友達を 誘って鯵の 釣り初め」#波止釣り #サビキ釣り ##鯵釣り

「今年の釣り初めはどこにしようか?」「できればたくさん釣っていいスタートにしたい」と考えていました。丁度名人から電話で良いサイズの鯵が釣れているという話。詳しく聞いてみると私の持っている情報とどうやら同じ場所のようです。「其処なら行こうかどうか迷っていたところ」というと「なら話が早い。これで決まりだな」と即決です。

 

昨年後半より何度か誘ったものの、よく釣れて良い思いをさせたことがなかった友人も「今度こそは」と誘ってみます。タイミングよくこちらも二つ返事で行くということで、今回はこの3人で待ち合わせての釣行です。時刻は深夜零時に目的の波止に集合です。

 

集合しての釣行といえど、今年は例によってたむろして新年の抱負等語り合うのでなく(元々しませんが)各自各々の釣り座で構えてソーシャルディスタンスなんですけどね。それでも同じ時間に示し合わせて同じ岸壁で竿を出すと、特別なイベントの気分がするもんです。

集合してみて、此処は近隣でも有名な岸壁です。大物狙いから鯵、サバ、太刀魚、カマスまで(私は大物には今のところ縁がありませんが)釣らせてもらっています。普段なら、砂利運搬船の接岸が気になるところですが、普段でも前日接岸でなければ、当日は午前6時半頃ですので、船が入ってなければ今回の深夜の釣りは安泰です。正月休みですから、まさか船は運航していないと高をくくっていましたが。

スポンサーリンク

比較的すいている感じ

岸壁は比較的すいている感じです。もちろん深夜帯の鯵は激戦ポイントの沖側の端ではなくて30m程度内陸に寄ったあたり。よく釣れる日にはさらに内陸側でも釣れるようです。普段の休前日なら遠くからの遠征組でにぎわっていて地元の釣り師は入る場所がないくらいなのに今回は正月だからか?寒いからか?狙った釣り座にすんなりと入れました。

さすがに律儀な友人は少し早く来てもう竿を出しています。次に私です。何をするにもゆっくりな私が竿を準備して釣り始め、5~6尾釣ったころに名人到着です。ま、彼には、遅く来てもすぐに追い抜かれるので何も心配はしていません。いつもなら撒き餌の流れを読んで私より潮下に釣り座を構えるのに、今回は3人のうちで一番潮上に着座しましたよ。

何か根拠はあるのでしょうか?その辺が気になります。どちらにせよ遅くに来て私が約50尾のところ60尾以上を釣り上げるんですからさすがというよりほかないですよね。私たちが午前3時ころ引き上げた時点でこの釣果でしたから、朝までやったらどんなだろう?とさっき聞いてみたらやはり100尾近く釣って帰ったらしい。彼が言うには今回ばかりは正月の後だからどれだけ新鮮でも魚を喜んでくれる知り合いも少ないから配る先に困ったとか?私も配るのに困るくらい釣ってみたいものです。

新しい釣り方で

今回釣行した3人のうち名人と私の友人はスピニングタックルで、へそ曲がりな私はベイトタックルで釣りました。はじめは慣れなかったのでもたつきましたが、途中からは慣れてソコソコ使いこなせました。私が使ったベイトリールは糸がが出るときにドラグ音?(クリック音)が鳴る機種で、下かごの撒き餌かごを着底させたまま待つとフッキングで音が鳴るようになっています。

ですので、投入して、時々スプールを押さえてしゃくるほかはロッドホルダーにおいておけばいいので楽なんです。サバなどの棚が浅い中層や上層を釣るのには向きませんが、カゴを海底に着けて釣る今回のような鯵釣りには便利です。ただ、ブレーキとスプールの回転具合の関係がある程度把握できるまで錘やブレーキの調整が微妙な感じでした。

これはリールが古いからなのか?私が操作を熟知していないからなのかはわかりませんが、今回の釣行で何とか使いこなせるようになりましたし、喰ったときに音で知らせてくれるのでそれまでほかの作業に集中できて便利です。ただ、ベイトタックルといっても竿はスピニング用の竿を使っていますので「似非」が付くのかな?できれば両軸用の竿を探して使うのがベストなんじゃないのかな?なんて思ったりしています。

ほぼ1投1尾

約3時間でこれだけ釣れたのですから、1投1尾の時間帯もありました。すぐに食ってこないときもありましたからそれを入れるとほぼ1投1尾が大部分だったように思われます。先に書いたように投入してロッドホルダーに竿をセットして1回しゃくった後はそのまま放置していましたが、その間に魚を絞めたりできると思っていたところ、

それが滞って釣ったものを貯めておく水くみバケツから獲物が飛び出て跳ねている状況が何度かありました。たぶん小さなバケツに3~4尾入っていたんじゃないかな?私はもともと貯めておいて絞めるということはせずに面倒ですが大抵は「釣ったら即絞めて」のやり方なんですね。

それが今回は手がかじかんでもたついたこともありましたが、魚を針から外して投入し、さて絞めようかと構えたら「ジー」と鳴る。この繰り返しが何回かありました。忙しくて私のスタイルではありませんが、楽しいものですよね。「あー忙しい!忙しい」一度は言ってみたかったセリフでしたから。

また行きたくなる

帰ったら嫁さんに「今回うちは10尾で良いです」と宣言されましたが、娘と知り合いの魚好きと両親に分けて残りを嫁さんに引き取ってもらいました。今夜も行くなら引き取り先を先に考えてから釣行しなくてはなりません。先にも書いたように正月を過ぎたばかりでみんな刺身はそれほどありがたがってはくれませんから。
面白いほどよく釣れるのも、時と場合によりますね。   

 

では、また。