「猛暑日と 言えども鯵釣り 朝のうち」日高港湾の鯵釣り 和歌山県

昨日の午後、師匠と作戦会議。「煙樹ヶ浜は、南風で釣りにならず。」噂では丁度良い具合に日高港湾で良いサイズの鯵が戻ってきたと言う話です。私としては、噂の検証に行かないわけにはいきません。早速、今朝出掛けてみました。

スポンサーリンク

借りてきた猫

久しぶりなので勝手が解らず借りてきた猫状態かもしれません。

ただ暫く集中的に通っていましたので、顔は忘れられていないようです。

 

「浜、あかんのか?」などと聞いてくれます。知り合いもいます。岸壁に到着したのが午前4時前です。

 

もう少し早く来るべきかもしれません?早く来ても休日ですので、遠来の釣り師が昨日のうちに場所取りをしていることが多いので「早く着いても思う釣り座が空いていない」ことが多いからです。

偵察半分

釣れている確証があれば迷わず早く来て少しでもいい釣り座を確保すべく努力するのですが、「偵察半分」のような今回の釣りでは、少し力が緩みます。

岸壁に着いてみると「最近さっぱり釣れていない」という評判の影響でしょうか?土曜の早朝にしては釣り人が少なめです。

一番フェンス寄りの釣り座が難なくゲット出来ました。ここの釣り座は暗い内は釣れませんが明るく成ればめっきり好調になる釣り座ですから暗い内は辛抱が必要ですね。

少しでも釣れればいいかな?

暗い内はウキ釣りで頑張ってみます。情報では「明るくなってからのズボ釣りが釣れる」ということなので「それまでに少しでも釣れればいいかな?」と気楽に頑張ります。

「暗い内は全く反応なし」明るくなり始めに小ぶりなメッキが。明るくなり始めてからは小ぶりなカタクチイワシが2~3尾釣れましたが、撒いた撒き餌の量からすれば不甲斐無い結果です。

明るくなってから

明るくなってからはズボ釣りです。

始めに2回ほど強い引きのアタリがありましたがモノにならず。あまりにも引きが強かったのがバレて残念で仕方ありません。

 

それからは、慎重にドラグ調整も念入りに。次々とアタリが出始めて午前6時過ぎの納竿までに20尾近い鯵が釣れました。最長寸は約30cmでした。「午前8時出発で大阪方面への仕事が無ければもっと釣れたのに!」

 

否「これぐらいのペースだから次が楽しみな釣りができた」のかもしれない。とことん釣って飽きるまで釣ったら楽しみが半減してしまいます。制約があって「あと少し」というところだと、また楽しみに釣行で来ます」

気持ちよく納竿

ということで気持ちよく納竿できました。その後の仕事も無事こなすことが出来て明日の釣りに意欲がわきます。

 

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事