波が収まるのを待ちきれず「煙樹ヶ浜」に鯵釣りに出かけましたが、水温が下がった上に荒れて濁ったため、難しい釣りになりました。私はボーズ

※綺麗な夕景ですが、寒々としています。
波もまだ荒いですね。

昨日は駐車場まで来ましたが、

波が荒く釣りにならないと判断して引き返しましたので、

今日こそ竿出し出来るだろうとはりきってやってきました。

釣り場には既に一組釣り座を構えています。

私が、車から釣り座に向かう間にも2人やってきましたよ。

やはり、波が収まるのを待ちかねた釣り師は多いようですね。

「みんな寒いのに元気だなあ」

スポンサーリンク

北風に強い「煙樹ヶ浜」

到着が早かったので、

釣り座の設営を終え、暫く腰かけて待ちます。

いつもなら防寒着で暖かく眠気が襲ってくるのですが、

今日は手先が手袋をしていても冷たくて気持ちが緩むことがありません。

バケツに汲んだ海水に手先を漬けてみても水温が下がったのが解ります。

ダイワ(DAIWA) レインマックス ハイパー ハイロフト コンビアップ ウィンタースーツ DW-3408 ブラック L

新品価格
¥20,524から
(2019/1/22 09:34時点)

今日は厳しい釣りになりそうだぞ

風も少し西方向から吹いてきます。

北風に強い「煙樹ヶ浜」ですが、

北西風まで西に向くと急に影響が大きくなってしまいます。

北側にある山の

「屏風効果(防風効果かな?:屏風効果は私が勝手に付けた名前です)」が

「北西風」辺りで急に薄くなるのでしょう?

棚を上げた方か良いのか?

午後6時を待って釣り始めます。

今回の荒天の波で海底の様子が変わったのか?

いつもと深さが変わった様子です。

 

普段の棚でウキが立っていたものが今回は底に着いている感じです。

棚を上げた方か良いのか?

ウキが立つところを探して投げた方が良いのか迷ってしまいます。

取り敢えず左右に投げ分けてみてウキが立つところに集中してみます。

 

後から思ったのですが、

水深が浅ければ棚をそれだけ上げれば良いだけの事でしたね。

考え方が硬直してしまっているなあ

見事な月

午後6時半ごろでしょうか?

いつもの「8時の人」が釣行してきました。

名人級のかれが隣に来れば百人力です。

棚からポイントまで彼に従えば間違いありませんからね。

その名人も、

今日は苦戦しそうだ」「ボーズ覚悟で釣るしかない!

というくらい海況は良くないようです。

あれこれと試行錯誤している時に

ふと後ろから誰かが来たような?ライトに照らされた気がした

と思えば見事な月が東の空に出ていました。

「♬もう泣かないで 月がとてもきれい♬」

※【THE BLUE HEARTS 「君のため」 作詞・作曲 真島昌利】 より引用 

釣りをしていることを忘れて暫く見とれてしまうくらいにきれいな月です。

8時の人

約2時間打ち込みを続けましたが、

1回もウキが消し込むことはありませんでした。

友人の「8時の人」はさすがに

名人級の腕前を遺憾なく発揮」して3尾の釣果です。

聞けば

こんな日は鯵が居ても安定した動きをしていなくて

行き当たりばったりに行動している」ので

目の前に餌が来れば喰うが、探して喰っているわけではない

だから

カゴから撒き餌が一度に出るようにして、短い時間の一発勝負

を繰り返して

鯵の居そうなポイントにポンポンと投込んで

数多く探っていた」ということです。

纏めれば「ルアー釣りの手法のようだ」とか?

私には想像もつかないことを隣でやっていたんだあ

やはり引き出しの多い人は違います。

持つべきものは友

帰り際、写真だけ撮らせてもらって帰ろうとしたら、

ついでに「酒のつまみに!」と

少ない釣果の中から1尾くれましたよ。

持つべきものは友」ですね。

では、また