スポンサーリンク

「衣奈漁港のアクセス」を多くいただいていますので「天気のいい日(12月2日)」偵察に行ってきました。アオリイカ 木っ端グレ 車横付けの釣り場


衣奈漁港の釣り場紹介ページ」に沢山のアクセスを頂いています。有り難うございます。本来なら釣りに出かけて状況をお知らせしたいところですが、あいにく片道1時間程度の距離があり北風に弱い釣り場ですので釣行する機会に恵まれませんでした。

今回(12月2日)朝から天気が良かったのでお昼前に偵察に出かけてみました。

スポンサーリンク

一番内側の波止

朝マヅメからの釣行組が釣れ止まってそろそろ帰り支度を考え始める時間帯です。一番内側の波止には先端に2人ほどいましたが、私が車を停める間に帰ったような状態でした。波止の付け根の外側。車横付けの良い釣り場では、年配の夫婦釣り師が「木っ端グレ」を狙って釣っていました。

聞けばここより少し北の方から来られたようで「湯浅漁港やその近辺に良い釣り場があるでしょう?」と聞くと「車横付けの楽な釣り場は無いし」「第一釣れていない」と言うことで「少し遠いけどここに通っている」と答えてくれました。

見ている間にも「木っ端グレ」が幾つか掛かりキープサイズもありましたよ。のんびりと「夫婦でこんな釣りも良いもんだなあ」


小鯵狙い

車が横付けできる岸壁から一番外の大波止を含め3本の波止が港の中央に向かって伸びています。一番古い内側の波止を含めると4本になります。(海水浴場、マリーナ等、大小すべて含めれば9本あるでしょうか?)

大きな漁港ですね。その中央の2本にはソコソコの人数が竿を出しています。



ここ1週間くらい前までよく釣れていたらしい「小鯵狙い」やその小鯵を使った「アオリイカ狙いの泳がせ釣り」でしょうか?内向き外向き、思い思いに釣り座を構えています。



大波止

一番外側の大波止です。内側の波止の人数に比べて少し寂しい感じですね。

青物が回っていないのでしょうか?先端で親子連れがアオリイカを狙っています。



波止の外側の一段高くなっている部分に上がって見ました。4人ほど竿を出していましたよ。釣果の方は思わしくないようで、雰囲気は暗いですね。天気も良く最高の釣り日和ですが、釣り師は静かです。


  ※今日じゃないかも?でも確かにアオリイカは釣れています。エギングをやっていた遠征の方に聞けば、今日は「やはり釣れていない」そうで

この方も「天気や景色は最高で癒されたのですが・・・

と語尾の方のトーンが下がり気味です。「釣れない日もあります。この風景を堪能して帰ってください」と励まし?になったかな?と声かけてきましたよ。




夏の夕涼み

20年ほど前の話ですが、衣奈に仕事で毎日のように通っていたころ聞いたことですが、衣奈には旅館があり夏になれば「夕涼みに島めぐりの遊覧船が出る」と。(現在は未確認です。)

それ「太刀魚の半夜釣り」じゃないの?と聞けば島の風情が良いのでお客が望めば遊漁船が観光船に早変わりで、近海の島々をめぐる納涼船が出ていたらしい。

また、向かいの黒島には蛇が多いとかいろいろ面白い話を聞いていましたよ。どちらにしても今日の衣奈の海は日本画のように穏やかで素晴らしい景色でした。釣れなくてもこの景色だけで来た甲斐はあると思います。

では、また。