スポンサーリンク

昼のおかずは鯵の刺身・・夜明けごろからカゴ釣りに行ってきました。

前回浜で釣った鯵はそのまま知り合いにあげましたし、その前の鰺も食べずに上げてしまいました。そろそろ鰺の刺身が恋しくなったので早起きしてカゴ釣りに行ってきました。

 

さて「明日の朝は心して釣りに行くぞ!」と早寝したもののよく眠れて2回鳴った筈の目覚ましもキャンセルしてたようで午前5時半に目が覚めました。「もう遅いからやめようか?」「否、端っこでも1尾くらいは釣れるんじゃないか?」と悩みましたが「餌も解凍していることだし・・」ということで思い切って出かけました。

 

車に乗って気が付きましたが、若干雨が降っています。このまま止んでくれたらいいのですが、一応カッパは持っていますのでずぶぬれになる心配はないかな?それに雨模様なら釣りに来る人も少ないんじゃないかな?・・ちょっと期待してしまいます。

 

釣り場は、大型の砂利船が接岸できる岸壁です。水深も深くて鰺もサイズの良いモノが狙えます。ただ、まだ今のところは足下での釣りや暗いうちの釣りはイマイチで、専ら明るくなってからのカゴ釣りがメインになっています。

スポンサーリンク

まずは釣り座の選択から

釣り場に着いた時には、辺りはまだ暗かったものの空は白んでいて雨模様の曇り空ながらすでに朝の気配です。私が到着したときに「本日の一尾目!」と知り合いが良いサイズの鯵を釣り上げた処でした。

 

急いで、5~6人だけ並んで釣っている中の(今は、あんまり釣れていないので人出は少なめ。しかも今日は雨模様だからこんな感じです)5番目と6番目の間が一人分以上に見えるほど空いていましたので(たぶん深夜組の誰かが帰った後だったのでしょう)両隣に声掛けて入らせて貰います。

 

本日の釣り座は、こんな雨模様でもなければ入れないくらいに「遅く来て良いポジション」に入れました。先ず「来てみて良かった!」ラッキーです。ただし釣り座に腰かけて寛いでいたのでは釣りにはなりません。急いで準備して1投目を投入します。

※気象庁資料画像から引用

1投目は空振りでしたが

私が使うのは4.5mの遠投用3号の竿です。特に有名な国内メーカーの竿ではありませんが、ここ何年か気に入って使っています。かなりな大物もこの竿でゲットしましたし、数釣りもできました。此処の釣り場で釣っているうちには全然不満はありませんので別の竿に交換する気もありません。

 

最近では使い慣れたのか?遠投のコツもつかんだ感じで高価な竿を使っている友人たちに比べても遜色なく遠投できています。まあ、高価な竿は高価なだけに何処かにコストに見合う利点があるのでしょうが、たぶん私の技術ではそれに気づくことができるかどうか?私にはこの程度で十分なんじゃないかな?と思っています。

 

釣り座の準備も整ってカゴに撒き餌を入れて(カゴの)窓は全開よりワンランク下げた開け具合です。針にイカの切り身を一回縫い刺しに刺して左右のウキが浮かんだ様子を確認してその間に投げます。イカの刺し餌ですから針ハズレを気にすることなく強めにシャクれます。シャクッて撒き餌を撒いて暫く仕掛けを潮に乗せて流します。1投目は空振りでしたが、2投目に反応がありました。

ウキが消し込んで

鰺釣りの楽しいところはウキが一気に消し込むことです。最近は浜の投げサビキでもウキが一気に消し込まずポコポコするようなアタリがよく見られますが、そんな時は鰺釣りには御法度でも「合わせ」を私は入れてやります。偶然にもそのままかかることがよくありますし「万一外れてそれでおしまいになっても気にしない」この辺りはこの頃大胆になれた気がしています。

 

ウキが景気よく消し込むのはカゴ釣りも同じことで、ある時突然「ポコン!」とウキが海中に引き込まれます。獲物が小さいときや一発で見事に針掛かりしなかった時には再びウキが再浮上することもありますし、針掛かりしていても何かの拍子で糸が緩んでウキが浮くこともありますから(そんな時には)しばらく様子を観察することも肝心です。

 

いよいよ鰺が針にかかったと判断したら、竿を立て気味にして竿の弾力で魚を感じながらリールを巻きます。足元まで魚が寄ったら竿の弾力を生かしたままなるべく竿先を下げて糸を短く巻き取って竿に重みを乗せる感じで抜き上げます。カゴ釣りは針の数が少ないので(縺れる心配が少ないので)タモを使うことも可能ですが、それはある程度の大物が釣れた時のことで普通のサイズの場合はみんな面倒なのでそのまま抜き上げる人がほとんどです。

水を汲んだ水汲みバケツに

魚が釣れたら針から外してナイフで鰓を刺して活〆にします。そのまま頭を下にして水を汲んだままの水汲みバケツに入れて血抜きをします。しばらく放置をして血抜きが済んだら氷の入ったクーラーに入れて保管です。私はクーラーには氷水を作っておきますが、氷だけの人もいます。この辺はいろいろだと思います。

 

今日もこんな風にして持ち帰った鰺を刺身にして食べました。これからの季節、気温が上がるので釣った後の処理が重要になりますよね。ま、初めはもたついても慣れれば何とかなるもんです。私でもなんとかなっているんですから。 


では、また。

 

吹き流しで釣る浜の投げサビキ