スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「夕飯に サバの刺身が 食べたいと」

港湾で時々釣れるサバに尻尾の黄色いサバがあってサバ好きの間では「刺身にできるサバ」と知られています。もちろんサバはどれでも刺身にできるのでしょうが、蕁麻疹やらアニサキスなどの情報が入り乱れてそのまま生で食べる人はそれほどいないでしょう。

黄サバは、私にとっては鯵と同じ程度に安全な魚として認識しています。当然のように刺身にして食べます。大きなサバが釣れればいいのですが、若干小さくても刺身で食べたいなあ。絶品の味わいです。刺身の中では一番うまいと思っています。

当然ですが、新鮮でなければ旨いと言える刺身にはなりません。刺身には熟成させてこそうまい刺身というものもあるようですが、私は(嫁が漁師の娘という事もあって)刺身は新鮮さが一番という考えで、黄サバのきらきらと輝く弾力のある新鮮なままでも味のある身が絶品です。

スポンサーリンク

サバ狙いのピンクのサビキ

黄サバの情報が聞こえてきたので早速ゆうマヅメの釣りに出かけます。仕掛けはピンクのスキンサビキです。サバ狙いですよね。ただ今回はピンクサビキの効果は感じられず代わりにこれもピンク好きなアイゴが良く釣れたし、鯵もソコソコ釣れましたので釣りとしては楽しい釣りでしたが、肝心の黄サバは友人が釣った1尾だけでした。(釣果 画像の尻尾はそれほど黄色くは見えませんが、釣れた時にはきれいな黄色でした)

彼も私がサバ好きなのを知っていますので、私に譲ってくれました。私は4~5尾釣れたアイゴ(彼はアイゴが大好きです)はすべて彼にあげましたのでギブアンドテークです。アイゴの刺身も旨いですが、サバの刺身には敵いません。私にとって。

本来は、鯵狙いならい白系統のサビキを使いますが、今回はピンクの方が鰺がよく釣れました。代わりにサバが喰ったのは白系統のサビキです。こんなこともあるんですね。私(友人も含めて)常識が外れてしまいました。ただし、赤色が大好きなアイゴはピンクに喰ってきましたからセオリー通りの結果もあるにはあったんですが。

サバ狙いですから浅いタナ

サバ狙いですから浅いタナで釣り始めます。周りはみんな太刀魚狙いの釣り師ばかりですから「ちょっと変な奴が来たみたい」って目で見られているようです。まあ、太刀魚もあんまり釣れてなくて暇そうだったので余計に変わったやつが気になったんでしょうが。

太刀魚が釣れていないという事は、サバのチャンスもありそうだと楽しみにしていましたが、サバのタナで喰ってきたのは25cmクラスの鰺です。もう一匹。そのあとにアイゴが連続します。先に書いたようにアイゴはあげましたが、アイゴばかりでは自分の釣果が上がりませんので」鯵狙いのタナに変更します。

タナを変えてからしばらくは反応がありませんでしたが、再びあった貴重なアタリがまたしてもアイゴです。どうやら私の撒き餌や仕掛けがお気に入りらしくてタナを変えても追ってきているようです。ならば「釣れるだけ釣ってやれ」という事で始めのと合わせて4~5尾アイゴが釣れました。もちろんアイゴは全部友人に進呈しましたが。

薄暗くなり始めて鯵がヒット

薄暗くなり始めて鯵が連続にヒットし始めました。最後は(友人に撒き餌を半分あげたので)撒き餌が足りなくなって集魚材だけをかごに詰めて投入したら続けて2尾釣れました。この頃が今日の時合のピークだったんだと思います。その後は仕掛けを投入したまま片付けをしていましたがアタリはありませんでした。

暗くなるのと同じころに片付けも終わって帰ります。周りでは、私が来た時とそれほど変わらず、あまり釣れていない太刀魚狙いの面々がまだ竿を出しています。ま、太刀魚釣りは暗くなってからが本番ですからね。

帰ったら夕飯です。帰る前に電話して刺身にしてほしいと言ってありますから、今夜の晩酌はサバの刺身が肴です。ついでに釣れたシオ?(カンパチの幼魚?シマアジ?かもしれない)も刺身身にしてもらいました。2尾料理すれば3人分は十分賄えます。残った鯵は明日の分ですね。  

 

では、また。

おかず釣り師が行く!「釣った日に 食べる以外は 塩ものに」