スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「休みなら 朝ゆうマヅメに 竿出して」

「なかなか釣れない」「なーんも釣れなかった」のが行けば釣れる季節になりました。ありがたいものです。冷凍庫が余裕なら毎日でも釣りたい。釣り師ならみんなそう思うんじゃないかな?私も「おかず釣り師」を名乗りながら、ホントは「竿を曲げてくれれば・・その満足のために釣りに行ってるんじゃないのかな?」と思ったりすることがあります。

たくさん釣れて満足でも、家に帰ったら自分達が食べる分と誰かにあげる分を区別して配達したり取りに来てもらったり。たいていは誰かにあげる分は中でも見た目のいいもの(サイズの大きい順番に)選んで分けます。そんな感じなのでたくさん釣れば小さいのがたくさん手元に残ってしまいます。

それに、太刀魚ならタチウオがよく釣れていると知り合いやら知り合いでない人でも釣り好きが居ればみんな釣ってきて配るから、勢い珍しさが低下してしまいます。「要するにあげても喜ばれない」ことが起きてきます。そして「上手な魚の(獲物の)配り方」のコツを伝授してくれる人まで現れたりします。

その人のレクチャーは、「魚が小さめな場合は、魚だけを袋に入れてあげるのではなくて、クーラーごと持って行ってその場で欲しいのを選ばせてあげる方が喜ばれる」というものです。なんでも袋に入れて配れば(魚が小さければ)小さいのを集めて持ってきた?という心理が働くため、クーラーごと持って行って「これが全部で、好きなのを選んで!」という方が誠実に見えるからだとか?

こんなにまで気を使って配らねばならないほど釣ってしまう人も、まあそれは釣りの腕が達者なわけですが、釣り好きというものは食べれる以上に釣れても「魚が満腹でも食べ続けるのと同じように」ストップが効かない生き物だということを表している気がします。

スポンサーリンク

私の場合も

私の場合も同じことが言えて、今朝の釣りで太刀魚をあんなに釣って帰ったのに、また夕方になれば鯵釣りに来てしまっています。太刀魚の在庫があるうちは此処で大して釣れなければ在庫が膨れ上がることはありませんが、太刀魚があんなに釣れるということは潮の具合がいいという事でたいていは鯵もよく釣れたりするんですね。

私もそれはわかっていて鯵釣りにも来ているわけですから「ある意味確信犯的なフシ」はあります。「釣れたらいいね」と家を出るときは軽く言ってきますが「今日は釣れるはず。見当通りならいいな」的なノリで釣行していますから、釣れ始めたら「ビンゴ!」という感じです。

「美味しく食べれるだけでいいよ」嫁さんにはいつもそういわれていますから、たくさん釣れたら「言い訳のオンパレード」です。「知らぬ間に釣れていた」とか「帰ろうと思ったけど友人にもう少しやろうと止められた」とかレパートリーはいくつかありますが、いつも「ふふん」と笑われるだけですので、正体はお見通しなんだろうなあ。

今回はほぼ暗くなって

今回は、釣り座に就いたのがほぼ暗くなった頃でした。画像の明るさは私の携帯で撮ればたいてい暗くても薄明かりのように撮れますので実際はもっと暗かったはずです。釣り座についてからの設営にもヘッドライトを使いましたからお分かりいただけると思います。

釣り始めて30分くらいは反応なしでしたが、隣に後から来た友人が釣れた様子なので、投げる距離を合わせてみたら私にもアタリがありました。その後は時間をあけてポツリポツリと釣れてきました。波打ち際で波の大きさに関係なく割と大きく砕ける波でしたので少しでも近くでヒットさせて波の動きで鰺の口が切れないように心がけます。

これは遠くでヒットさせて寄せてくれば危なっかしい薄皮1枚だけ針に掛かって上がってくる鯵が多いからでなるべく近くでヒットすればその分口切れの危険も少なくなるからです。此処の浜は中途半端な深さの遠浅で、ヒットも上顎にかかる率が少なくて、寄せるときには水平方向に力が長時間かかることになって鯵の口切れを多く起こさせます。

3号の遠投竿

4号を使えば遠投に有利ですが、私は3号の5.4mを使っています。できれば3号の6.3m竿を使いたいのですが、まだ実現できていません。2.5号という選択肢もありますが、やはり遠くに飛ばすことを考えると3号になってしまいます。目的が鯵釣りですので伸びの少ないPEは使いません。道糸はナイロンです。

6.3mに憧れるのは、取り込みの時に少しでも波の砕ける範囲から外れたところで抜き上げたいのと遠方から寄せるときの道糸の角度を少しでも稼ぎたいからです。それ以外には多少飛距離が伸びるくらいのメリットでしょうか?飛距離のほうは5.4mでそれほど不満はありませんので気にしていません。

6.3mは重いと思いますが、波打ち際の有利さを考えたらかなり魅力があります。今年は、港湾のズボ釣り用に7mの竿を購入してみました。重さは確かに重いですが5.4mに比べて1mあまり前で釣ることができます(ズボ釣り)。渋くて、それでも釣りたいときに使っていますが、風が強いと取り回しに苦労することも確かにあります。6.3mはもう少し考えて決断しようかな?   

 

では、また。

「サーフサビキ」浜から鯵を釣ってみよう!