スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「前線の うねりを嫌って 渋くなり」

気温もふっと下がってめっきり晩秋の雰囲気を漂わせるようになった釣り場ですが、水温は未だ温かい様子です。海水を汲んで幾分ほっとして釣り始めますが、期待していた釣果には届きそうもありません。

ヘタッピイの私だけが釣れないのではなくていい釣り座に座っているベテランたちも厳しい様子です。先に書いたように気温の方ではかなり季節が進んだ印象ですが、海水は未だ温かく感じられます。もしかして気温がぐっと下がったせいで海水温が若干下がっていても暖かく感じたのかもしれません。

これは後で思ったことなのですが、やはり気温のせいで混乱して海水温の変化が正確につかめなかったというのが正解かもしれません。実はそれまで比較的澄んでいた釣り場の水海水が若干濁っていました。先日来の雨が川から流入していたのでしょう。気温が下がって降った雨は冷たい川の水となって釣り場に流れ込んだのでしょう。水温低下と若干の水潮・・致命的ではありませんが釣れなくなる条件にはなりそうですね。

スポンサーリンク

これからが秋本番

季節は、晩秋から初冬へと移っていきますが、海の中はこれからが秋本番でしょう。夏の間に大きく成長した魚が冬場にかけて移動するシーズンです。海の中の季節は丘よりも若干遅れるようでいまがまさに冬場にかけて魚たちが餌を求める季節ですから少しくらい雨で状況が悪くなってもすぐに回復してくれるでしょう。

 

例年なら最盛期の太刀魚(今年は若干時期が早かった)もありますし、鯵もこれからサイズがよくなって面白い季節です。もちろんサバも釣れればいいサイズが期待できますし、マル鯵も釣れるでしょう。これにカマスが加わって釣りたいものだらけで釣り人には嬉しい悲鳴の季節なんですよね。

 

私は、年中通して鰺釣りが好きですが、これに太刀魚が釣れるシーズンには太刀魚にも力を入れますし(最近は釣り人が多くて若干気遅れ気味ですが・・厳冬期は昨シーズンからカマスに精を出しています。食べるには大好きなサバですが、鯖は鰺釣りの外道として釣ってもその場にいればかなりの数が釣れますので、特に鯖釣りとして構え間くても不自由はしませんよね。

岸近くに魚が寄っているうちは

岸近くに魚が寄っているうちは、特に遠投などしなくてもズボ釣りだけで十分釣りになります。遠くに投げなければいいサイズの獲物にありつけない時期は確かにありますが、今はまだズボ釣りで良いですね。ズボ釣りなら仕掛けも複雑ではないし、手返しも多くできますから、数釣りには最適です。

 

しかも遠投すれば取り込みまでに針ハズレが起こりやすくなりますが、ズボなら足元に深い部分に仕掛けがある都合上、釣り人は上向きの回収と魚はひたすら下向きの抵抗という関係で、上あごの固い部分にヒットする確率も高いので針ハズレの確率も比較的低く効率の良い釣りが期待できます。

 

今回のお話の釣り場は、比較的深いので、遠投しても魚に対するラインの角度はほかの浅い釣り場に比べて大きくなりますが、それでもズボ釣りの角度には到底及びません。また、遠投のウキ釣りの時にウキ止めを動かして調整するタナに関してもズボ釣りなら簡単に深いタナを釣ったり浅いタナを釣ったりと探ることができます。ズボで釣れるうちはなるべくズボに特化して釣る方が釣果アップには良いと思っています。

釣果は回復するのか?

勿論回復します。それは、今朝ダメだったものが午後にはよくなったという具合にはいかないだろうとは思いますが、翌日か遅くても2~3日のうちにはまた釣れるようになるはずです。ただ、今まで接岸していた群れと、次に釣れるようになった時の群れは違うことが度々あって群れが変わったことによって岸近くで釣れたり岸から少し離れて釣れたりすることがあります。

 

また、2~3日のうちには潮時もそれなりに時間が変化して潮時の変化とマヅメ時の変化が相まって時合いにも変化が現れます。潮時やマヅメ時(日の出日の入り)は予めそれぞれ潮時表や暦表で知ることができますが、それが件の釣り場の釣果にどのように影響するか?・・これはある程度数を重ねて通わなければ分からないことかもしれません。ただ、釣行時に毎回、潮時や暦表を見てマヅメ時を知っておけば体感的にその釣り場での基本的な変化がある程度予測することができると思います。

 

これに風や気温の変化、水の色や温度、潮流の向きの状況が加われば少しは魚の気持ちがわかるようになるのではないか?と常々思ったりしています。

防寒着を着てポットに熱いお茶をもって

防寒着を着てポットに熱いお茶をもって釣り場に出かけるころが一番釣りをしている気分になれそうです。もう少し寒くなれば近頃では電熱式のベストなどの防寒衣類も流行り始めていますし、貼付用のカイロも種々販売されています。これらが必須な頃になれば手もかじかんで釣行にもサバイバルな雰囲気が醸されてきたりします。

 

ここまでくると私の釣りも楽しみから「修行」の方に移行した気分があふれて家に帰っても「楽しかった」から「何とかやり終えた」という感じになってしまいます。ま、それでも行きたくて行ってる釣りですから帰り着いたら「達成感」と表現した方が前向きで良いかもしれませんね。

 

どんなにやりくりして時間をこしらえて釣行しても、どんなに調べ上げて良い日を選んでも、そのうえ釣り場に着いてみて絶好の釣り日和であっても、今回のように前線が通過した影響で目の前には大波などない状態でもうねりがあって釣れない日はあります。見た目には釣れて当たり前のような釣り場の状況でしたよ。今朝も。これで釣れないんだからねえ・・。だから、釣りって面白いですね。

 

では また。

 

おかず釣り師が行く!「旨くても 危険なやつだ 太刀魚は」