スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「ズボサビキ 目印付けて タナ目安」

私はサビキ釣りが好きで しかも投げサビキよりどちらかというとズボサビキ(竿先の直下がポイントのサビキ釣り)が大好きです。投げサビキは、浜からの鰺釣りでかなりの回数通いました。

遠投すればするほどヒットさせた後の取り込みが難しく喰わせることよりも寄せたり波打ち際で抜き上げたりの場面が腕の見せ所になるわけですが、ズボサビキの場合は(特に今通っている岸壁での釣りでは)水深があるため深いタナでヒットさせて上向きに巻き上げることが多く、(上顎にヒットし易く)バラシが少ないのでヒットの数がほぼそのまま釣果に反映される釣りになります。

通い慣れた釣り場では鰺のいるタナは大体わかっていて、釣り始めはたいてい釣り慣れたタナから始めるわけですが、時々その「タナの選択」が的外れな時もあって鰺釣りの基本の底のタナからやり直すこともあります。

鯵のズボサビキはほとんど例外なく下カゴで釣ります。手始めに底から釣るといえばカゴを海底に着底させて釣り始めるように想像しがちですが、鰺は底を這うように泳ぐ魚ではありませんのでカゴを底に着けて少し巻き上げたところ(若干の糸フケも含めてリールで1巻き~2巻き)が鰺釣りの底ということになります。

底を専門に狙う場合は、スピニングリールならラインストッパーを使ってその位置から糸が多く出ないように留めておきます。ただ、私はラインストッパーを使ってタナを決めるやり方は(今では)好きではなくて(ラインストッパーを使えばいざというときにそれ以上糸を送れない)専らズボ釣りにはベイトリールを使って遊動ウキにした小さなウキ(仕掛けの錘で簡単に沈む程度の浮力)で大方のタナを決めて釣っています。

OWNER(オーナー) 81105 シモリ玉(ミックス) 7

新品価格
¥331から
(2021/11/8 20:12時点)

スポンサーリンク

水中に沈める目印のウキ

私が思うような用途じゃないかもしれませんが、適当なウキが売ってありましたのでそれを使っています。遊動ウキにしてある程度のタナまでは沈まず、決めた深さまで来れば(ウキ止めで)それ以上に遊動できないため沈んでいきます。

私はあらかじめ4ヒロでウキ止めを結んでおいて、それ以上深いタナを釣る場合はこの小さなウキを沈めて釣ります。逆に浅いタナを釣る場合は、一旦4ヒロまで落して其処から1巻き・・とか2巻き・・とか巻き上げて釣ります。ウキを沈めて釣る場合にはベイトリールが便利で、こちらもいったん4ヒロまで落してそれ以上は指でスプールを抑えながらウキを見ながら沈めていきます。

水が濁っていたりかなり深いタナの場合は一旦底まで沈めて巻き上げた回数を覚えておいて毎回その深さに合わせて巻き上げて釣っています。どちらの場合もベイトリールを自分なりに使いやすいようにセットしておけば、楽に効率よく釣ることができます。

慣れれば軽くて片手で糸が出せて

慣れれば片手で糸が出せるベイトリールは使い易いリールだと思いますが、今回の本題の「目印をつけてズボサビキ」は勿論スピニングリールでもできることです。同じように目印をつけてそのタナまで沈めてタナとりすれば・・。

 

ペールを起こしたり戻したりと若干手間は掛かりますが同じことです。私が小さなウキをつけてタナの目印にしたという方法も元はスピニングリールを愛用している釣り師がやっていたことで、当然ですが彼はこのやり方をスピニングリールを使って実行していました。

 

私は、それまでただ漠然と深いか浅い?底か水面近くか?程度の大まかなタナに対する意識しか持っていませんでしたが、途中に(4ヒロに)目印を入れることによって底と水面に加えて中層の4ヒロという深さにも気を配れるようになって、よりきめ細かくタナを意識するようになりました。

意外にも4ヒロが効果的だった

この4ヒロという深さは先に書いたスピニングリール愛好の釣り師が4ヒロの位置に丸い小さなウキをつけて釣っていたのを真似したものが始まりなんですが、意外にもこの4ヒロという深さ(4ヒロの道糸の下にサビキ仕掛けが付く仕掛け)が良いらしく


小さなウキを水面に合わせた状態のタナで良く釣れることが何度もありました。多分ベテランの件の釣り師がこの深さに目印を置いているのだから意味があるのは当然と言えばそうなのですが、とにかくこの4ヒロがよく釣れるようです。

 

他の釣り場で釣る場合には別のタナがあると思いますので、その場に応じたタナで自分なりに扱いやすい目印を施してください。ありふれたやり方ですでにご存じの方も多くおられるとは思いますが「初めて聞くアイデアだ!」という方もおいででしょう。どなたであれよく釣れることをお祈り申し上げます。  

 

では、また。

 

波止釣りにコレ!「車止め用ロッドホルダー」をDIY