「半夜アジ 遅い時合いに 駆け付ける」浜からの鯵サビキ釣り 投げサビキ ウキ釣り

※暗くて風景の写真が撮れていません。これは別の日の釣り場の風景です。

野暮用で釣行開始が遅くなりました。潮は良くないですが、波が静かなことは分かっていましたので、今週で一番の条件だろうと目星をつけていました。午前中から師匠を誘っていましたので彼は既に(午後7時)釣り始めています。10尾程度釣っていたかな?さすが師匠!いや、それよりも最近には珍しい「よく釣れる日」の予感がします。師匠も「良い日に誘ってくれた」と上機嫌です。

スポンサーリンク

急いで準備して

普段の私の釣りより1時間遅いかな?釣り開始からいえば1時間半というところでしょうか?昨日までと違って午後7時の時点ですでに釣れ始めていますので、時合いが来れば入れ食いになるでしょうね。

モチロン、鰺の活性が高い日には「サメ」も高活性ですので仕掛けのロストは覚悟しなければなりませんね。10尾程度の釣果が有ればそのあと色々試してみたいところです。

例えば「鯵の口の弱さ」を無視して強引に巻いてくるとか?(サメの追撃をかわすために)やってみましたが、サメのスピードには適いません。気づかれない方法を考えるべきだと感じました。

サメが去るまで暫くの間投入をストップする。

これは師匠推奨の方法です。暫く投入をやめていれば鯵も散ってサメも他の釣り師が寄せた鯵の群れに行ってしまうという寸法です。ただ、今回は夕方から釣っていた釣り師は何人かいたそうですが、

釣れ始め迄に帰ってしまったか?サメの襲撃で退散したのか?時合いまで釣っていたのは私と師匠を含めて4人ほどです。しかも私たち以外はかなり離れて釣っていましたので、一旦散った鯵もこちらが我慢の限界で釣り始めればまた集まってきます。(鯵釣りですから当然ですよね)

サメも離れたところまで行ってしまわずにこちらに戻ってくるようで鼬ごっこですね。悩まされる状況に変わりはないようです。今のところ一番の方法は、目立たないように素早く巻いて取り込む。この方法しかないようですね。

2時間ほどの釣りでした

釣り始めが遅かったので2時間前後でした。釣っていたのは。途中仕掛けのロストなどで時間を取られもしましたが、ソコソコ釣れて楽しい釣りが出来ました。師匠は、50尾は楽に釣っていましたし、私も30尾を越えていました。

 

サメの襲撃も激しさを増してきましたし、十分楽しませてもらえましたので「これ位で・・」ということで納竿としました。釣りたければまだまだ釣れたと思います。

 

遠くから来た釣り人なら朝まで粘って100尾以上の釣果だったかもしれませんね。ま、それに比例して仕掛けのロストも増えますが。挑戦してみようとお考えの方は、仕掛けを十分準備して来てくださいね。

 

以前、ワイヤーハリスで鯵を泳がせてサメを2尾釣ったという豪傑も居たようですが、やり取りに時間がかかりますよ!釣った後持ち帰るのも大変ですしね。

 

今日は良い釣りでした。

 

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事