スポンサーリンク

「台風の うねりで 釣りになりません」日高港湾のサビキ釣り 和歌山県

相次ぐ台風の列島接近で此処「日高港湾」には直接の影響は出ていませんが、間接的にはうねりが入って釣り場は混乱しています。ここ2~3日良いサイズの獲物がほとんど釣れていません。

サヨリ狙いの釣り師も「折角接岸してきたと思ったら濁りでパアや!」と嘆いていますし、ブリの幼魚やカンパチの幼魚を狙っていた私もアテが外れて「目的喪失で気力が萎えてしまっています」

スポンサーリンク

釣り場に行かなければ

習慣でしょうか?朝早く目覚めてしまいます。浜に通っていれば半や釣りで疲れていますので朝までぐっすり眠れますが、普通に寝れば「釣りに起きる時刻」になれば目が覚めてしまいます。

今朝もそうでした。午前3時には目が覚めてしまって暫くPCを眺めて過ごし午前4時を過ぎたころから準備して岸壁到着が午前5時半過ぎでした。ゆっくりと準備して釣り始めが午前6時頃。日の出時刻が午前5時過ぎですから既に太陽は昇り始めています。

延べ竿ではどうかな?

周りを見回してもあんまり釣れている様子はありません。

なのではりきって投げたりせずに、ズボのサビキ釣りから始めてみます。鯵狙いですからセオリー通り底を少し切った辺りから始めます。この棚でもボチボチ釣れますが、「渋い!」ごく浅い「延べ竿パターン」の棚辺りでも小魚が湧いていますので、仕掛けはそのまま延べ竿に竿を交換して釣ってみます。浅い棚で釣れば「鯖が釣れるかも?」と淡い期待も抱きつつ再び釣り始めます。

見えてる魚は釣れない??

延べ竿で撒き餌かごにアミエビを詰めて投入しています。するとどこからともなく小魚が「ジャジャーン!」と集まってきますが、サビキにはなかなか喰ってくれません。

「見えてる魚は喰わない!」誰かが呟きます。延べ竿に切り替えたのに、やはり釣れるのは5~6ヒロも深いところみたいです。これでは延べ竿では太刀打ちできません。

「リール竿に戻そうか?」試しに少し深めの棚(延べ竿)で釣ってみたところ(棚にして2ヒロ程度かな?)かなり竿先を下げたところですが食って来ます。「ま、良いか?!暫くこれでやってみましょう」

午前7時には納竿

午前7時には納竿していましたから1時間半?ほど釣っていたでしょうか?1時間半?1時間??とにかく試し釣り程度の魚は釣れましたが、ガッツリ釣った感じは全くしません。力いっぱい釣るのは台風10号が行った後になりますよね。

それまではなるべく英気を養いましょうか?仕掛けの手入れでもして。九月の声を聞けば「太刀魚のシーズンです。「楽しくなるぞ!」   

 

では、また。

 

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事