スポンサーリンク

濁りの取れるのが早くて思ったほどには釣れませんでした。和歌山県 日高港湾のサビキ釣り

「雨の後の濁りで今日は釣れるだろう?」と釣り座確保にも力が入ります。午前2時に起きて岸壁には午前3時頃着きました。

釣り座は、迷いましたが自分が一番好きなフェンス際です。前回の濁りの後、此処で良い思いが出来ましたので今回も前回に習ってフェンス際に釣り座を構えます。

1つ目のビットの沖側も魅力的なんですが、今日は先行者が居て確保できませんでした。

スポンサーリンク

雨の後の良いコンディション

濁りの方は、前回よりも澄んでくるのが早くて、今回の雨の後の良いコンディションは今日までだろうと想像できます。

今日までと言っても濁りの取れるのが早いので今朝の釣りもどうかな?釣れるかな?と言った状態にまで澄んでしまっています。これから梅雨のシーズンにもなりますし、濁りのある状態は珍しくなくなるのでしょうけど、

その時はその時で水潮が強くなって釣れないだろうし、今のように「上層に濁り下層に本来の海水」というような具合は今のうちだけかもしれませんよね。

上カゴ+上錘は、ズボ釣りには向かない?

さて今回の釣りですが、上カゴと下カゴの区別は前回の調査で結論には達していませんが、上カゴ+上錘(サビキの下に錘を付けない)は、ズボ釣りには向かないということは、私の認識になりました。

今日は、少し早くから釣り始めることが出来ましたので、下カゴのズボ釣りと下カゴのウキ釣りを2本出してみます。ウキ釣りでも釣れるようなら、ウキ釣りの方で上カゴでも釣ってみて

「上カゴと下カゴ」の仕掛けの釣れ方について調べてみたいと思っていましたが、今朝はズボ釣り以外では全く釣れていませんでしたので、今日のところは「余計な調査を忘れて、釣ることに集中」することにします。

4.5mと5.3m

結局、4.5mと5.3mの竿各1本ずつで同じサビキと同じ棚で釣っていきます。約2m程度ポイントに間隔がありますが、ほぼ同じ群れの魚が一度に釣れてくる程度の離れ方だと思います。

2mも離れれば別世界のように釣れる側と釣れない側に分れることもありますが、これから後は比較ではありませんので、気にしません。しっかり釣りたいと思います。

正しかった

結果的に、此処の釣り座に決めたことは正しかったようです。みんなの期待に反して今朝はあまり釣れませんでした。

 

そんな中、私には意外な獲物として大きなコノシロも1尾釣れましたし、帰り際に小鯖の回遊があったので浅い棚で暫く小鯖に集中して釣りました。小さな魚ばかり大量に釣って帰りますが、小鯖は歓迎されていますので、これで良いでしょう。

 

濁りが入って今週末に期待をされていた方々には申し訳ありませんが、明日からは普段の日高港湾に戻ってしまう公算が強いです。

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事