スポンサーリンク

「日高港湾でサビキ釣り」朝マヅメのごく短時間でしたが色々釣れました。

鯵釣りが目的で日高港湾に通っていますが、思うように鯵は釣れず。それでも色々な魚が釣れましたので、自分的にはたのしかったのですが。

釣りとしては「鯵釣り」ではなくて「五目釣り」なんですよね。鯛(チャリコ)も釣れたので豪華に見えますが「もう少し型の良い鯵がつりたかったなあ。」

スポンサーリンク

年配の釣り師

鯵のよく釣れた釣り座はもう少し丘寄りだったようです。その釣り座に幾日も通い詰めている年配の釣り師に今朝は(今朝も??」軍配が上がりました。

よく釣れても釣れなくても大きく騒ぐことなく淡々と釣っている二人の年配釣り師が最近そのあたりの釣り座ばかりを探索しています。おそらく今朝も、それ以前にも釣れる兆しはあったものと思われます。

大きく釣れても釣れなくても明るく成ればこっそり帰って行くのでなかなか釣果が表に出てきませんね。「この行動がいかにも釣り師らしくて愉快ではありませんか?」私なんかまだまだ修行が足りませんね。釣れたら大喜びで自慢しまくりますからね。

情報

「どうもあの辺が釣れているようだ!」と私のカンにも感じていましたので、完全に情報がブロックされていたわけではありません。やはりこちらもアンテナをピンと立てていましたので、少しずつ丘寄りに探索範囲を移していた矢先でしたから。

スイートスポットの発見者に敬意を表してその釣り座を占拠しないで、その近くで明日は釣ってみたいと思っています。

それでも、こうして情報が公になった以上は、私以外の釣り師が先行してホットな釣り座をゲットしないとも限りませんよね。

それと、これからの週末には他所から来る釣り師たちにゲットされるかも?この金星(きんぼし)は儚い夢でしょうね。発見者にとって。

二つ目のビット付近

私の今朝は、二つ目のビットの傍でした。どういう訳か?ここの釣り座は「チャリコ」の集会所だったらしく誰も釣っていない「チャリコ」が私に立て続けに釣れました。オマケにはグレも付いてきましたしね。

鯵は暗い内だけでした。明るくなってからは超浅い棚で小イワシや豆鯵、豆鯖が面白いように釣れていましたが、私は「チャリコ」に未練があったので執拗に狙い続けます。

浅い棚に移行するのが遅れててしまい、モタモタしているうちに時合いが過ぎてパタッと釣れなくなりました。そこでアッサリと納竿して帰って来ました。  

 

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事