スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「鯵はゼロ 代わりにヒラメで 大当たり」#港湾の鯵釣り

昨日の風がまだ少し残っている日高港湾に釣行しました。早起きしてきたのに鯵は全く釣れません。辛うじてイワシがポツリポツリと釣れる程度です。

ギンタ(ヒイラギ)はソコソコ釣れていますが、これは「持って帰らないように!」と言われていますのでリリースします。リリースするから数が減らないんじゃないか?と思えるくらいにギンタはよく釣れて来ます。

スポンサーリンク

フェンス際

大阪方面からの家族連れが多いのか?と思っていましたが、今日もフェンス際は、地元の常連組が優勢です。一組だけ大阪から?の夫婦の釣り師がフェンス際から3番目と4番目に居ます。その次が私と言った順番です。

暗い内は3つ目のビット辺りで鯵が釣れているらっしいのですが、明るくなれば断然フェンス際近くの方が釣れています。私は明るくなってからの釣果に期待したいのでフェンス際が好きです。

釣れていません。

風が止んでも暗い内は全くと言っていいほど釣れていません。名人もベテランも私のような初心者も同じです。釣れていません。

一部は朝マヅメに期待して車で仮眠しているようです。今日はまた冷え込んできましたので「防寒着を忘れた」とか「しまい込んでいたものをまた出してきた」とか起きて話している人たちはそれぞれ自己主張しています。

午前7時頃まで

干潮時刻は午前7時過ぎですので、釣れるとすれば午前7時頃まででしょうか?手返しを多くしてもギンタの猛攻が増えるばかりです。浅い棚から底近くまで色々探ってみますが鯵は釣れません。ギンタの中に時々イワシが混じると言った状況です。

あまりにもギンタばかり釣れるので、カゴに餌を入れて投入のあと竿を竿掛けにセットしたまましばらく放置していました。隣と話し込んでいてふと竿先を見ると何か引いているようです。

手に持ってリールを巻いてみるとズシッと重量感があります。「ボラかな?」そう思いながら浮かせてみると良い型のヒラメです。※約36cm
「ハリスが細い!」と大きな声で言うとすぐに隣の釣り師がタモを借りてきて掬ってくれました。※自作サビキ:ハリス0.8号

タモを貸してくれた釣り師と掬ってくれた釣り師に礼を言って釣れたヒラメを絞めます。時間的にも丁度潮どまりの時間帯ですのでこれで納竿とします。

帰ったらこのヒラメは刺身にしてもらいます。孫や妹の子供が泊まりに来ているので食べさせてやります。鯵は釣れませんでしたが良い釣りでした。

では、また。

釣り日誌一覧

前の記事 / 次の記事