スポンサーリンク

夜が明けて、ほんの短い地合いでした「鰺のズボサビキ釣り」

「ズボのサビキ釣り」で岸壁からこんなのが釣れるのは(私の周りでは)此処しかありません。数は期待できませんが、船から釣るようなサイズです。浜なら時々尺越えの鰺も釣れますが、それは「投げサビキ釣り」でのことです。

足元の真下に落とすサビキ釣りでこんなサイズが釣れたら病みつきになります。もう少しの間はチャンスがありそうなので、冷え込むのを我慢して通ってしまいそうです。ただサイズは良いのが釣れますが、数が揃いません。「こんなのを5尾も釣ったら大満足!」その場で竿を畳んで飛んで帰るのに釣れてもせいぜい1~2尾が良い処です。

釣れ始めのころは良い人で2~5尾も釣れたそうですが、情報を聞いてから駆けつけた私なんかは、1尾でも釣れたらいい方です。今朝もカゴ釣りでは尺サイズが何尾か釣れていましたが、尺を軽く超えたのは多くありませんでした。釣らせてもらえた私は幸運でした。

※資料画像
スポンサーリンク

午前3時半に起きて

始めは午前3時に目覚ましをセットしていましたが、2時50分ごろにトイレに起きましたので眠くて30分延長して寝てしまいました。3時半に起きて釣り場には4時半頃には居ましたから、かなり利便性が良いことになりますね。

釣り座や仕掛けを準備して、しばらく(釣り座に)座っていましたが、弱いとはいえまともに向かい風でしたし、電熱のベストも着ていなかったので我慢できずに5時過ぎまで車に戻ってラジオを聞いていました。

「誰かが1尾釣るまで車から観察して待とう」と構えましたが、釣れないまでも並んだベテランたちが投入を繰り返すのを見ていると我慢が出来なくなって釣り座に戻ってしまいました。しかしさすがに夜明け前後は一日の中でも一番冷え込む時間帯です。手が悴んで「これじゃ(私には)カゴ釣りは到底無理だな」「針に餌を刺せない」。

※資料画像

予定通りなら砂利運搬船が接岸する日

そういえば先輩が言ってた「たぶん今日は砂利運搬船が接岸する日」です。ま、ここの砂利運搬船は不定期ですので予想は外れることもしばしばですが、先輩の予想は信憑性が高いのでおそらく船はやって来るでしょう。

砂利船がやってきたら納竿ですね。そうなったらジタバタせずにアッサリと帰りましょう。たぶん船はこのタイミングに接岸するなら満潮に近い潮位を狙って入って来るでしょうから、夜が明けてからでも少しは釣る時間はあるでしょう。どちらにしても「いったん釣り始めたら精いっぱい釣るだけです。」

撒き餌のアミエビは、2.5kgのブロックを解凍したものが一つと「同じもので前回使った残り」とをもってきています。たぶん今朝は残りの分だけで十分だとは思いますが万一釣る時間が長くなって「釣れているのに餌切れでアウト」は避けたいのでなるべく予備は準備しておきます。

※資料画像

カゴ釣りは釣れているのに「ズボ」は蚊帳の外

向かい風に逆らいながら苦労して投げている遠投(カゴ釣り)の面々にはポツリポツリとアタリが出ていますが、ズボ(サビキ)釣りに拘っている釣り師にはアタリがなかなかありません。「ならば!」と私は奥の手で「竿をロッドホルダーに預けず(仕掛けを)常にゆっくりと上下させる釣り方」で攻めてみます。その上撒き餌も普段より頻繁に入れなおして「積極的なサビキ釣り」を心掛けます。

 

その甲斐あってか?アタリがちょくちょく出るようになりましたが、なかなか針に乗りません。「相手が小さいのか?喰いが渋いんやなあ」この想像はどちらも当たっていたようで、小さなヒイラギが2尾続けて釣れましたし、少し大き目なアタリがあって(たぶん小振りなマル鯵が)水面でバレたりするようになりました。

 

その後も、竿に「プルン」と反応が出たりしますがなかなかモノにはならない状態が続きました。「これは(仕掛けを)動かさない方が良いのかな?」とロッドホルダーに竿を置いたら、すぐに強いアタリがありました。この時釣れたのが自己記録と同サイズの鯵でしたが、その後もアタリはたて続けに。

ミニマムな入れ食い

約10分ほどは殆ど入れ食い状態が続きましたが、所詮10分余りのことです。その間にも1回(仕掛けの)縺れがありましたし、まさに入れ食い状態で釣れたのにこの釣果でした。最後は「あれれ?小さくなったなあ」と思ったら次からは全く反応がなくなりました。

 

名残惜しそうに何度か仕掛けを入れなおしましたが「無反応」です。タナもいろいろ探ってみましたが、やはり反応なし。そして間もなく「砂利運搬船」の入港です。船が見え始めた時には「港の奥に接岸するんじゃないか?」と誰かが希望を込めて話していたのが聞こえて、私も片付けの手をいったん止めました。

 

茫然と船を眺めていたら係留の係員が「船が入りますから、移動してください」と言いに来たので仕方なく「しょんぼり」と片づけて帰宅の途に。「明日は、船、来ないでくれよ!」と期待して。     

 

では、また

 

「行けば間違いなく釣れる」サビキや釣り方を試してみるチャンスです