釣り用クッションゴムの自作「型のいい鰺釣りにあれば便利」釣り具 自作

今の季節には、(型が幾分小さいので)それほど大事なアイテムはありませんが、型のいい鰺を狙う鰺釣りには欠かせない道具の一つにクッションゴムが挙げられます。特に私たちが多用するサビキ仕掛けで釣る場合には餌釣りに比べて針掛かりが浅い場合が多く、

口の弱いことで有名な鰺のことですからせっかく喰わせても「長い距離の寄せや抜き上げ(サビキ釣りではタモは使えない)」の際にクッションゴムが重宝するんですよね。特にPEラインで釣る場合は「これがないと釣りにならない」くらいに重要なアイテムになります。

第一精工 クッションゴム 1.5-20 釣り

新品価格
¥597から
(2020/5/14 14:09時点)

スポンサーリンク

バンドー化学のバンコード

市販のクッションゴムは、決まった長さのサイズである上に比較的高価です。サビキ釣りは自作、市販にかかわらずサビキ仕掛けが消耗品のように次々と消費されます。しかも性能のいいサビキ仕掛けは高価なうえにこれが1~2回の使用で交換されます。3回目くらいになった仕掛けでは新しい仕掛けにかないません。やはり新品に勝るものはないんですよね。

第一精工 手作リ クッションゴム 1.5-6 釣り

新品価格
¥440から
(2020/5/14 14:10時点)

サビキ仕掛けに費用がかさみますのでそのほかの仕掛けにはなるべく節約したいというのが実情です。私もご多分に漏れず少しでも節約して自作で賄えるものは自作してみたいと考えています。アマゾンには釣り具メーカーのダイワから出ている「自作用クッションゴム」が売られていますが、私は手元にCDプレーヤー等を修理するための丸ゴムベルト:バンコードがありましたので、それで自作してみました。

バンドー化学 バンコード 5m φ1.5 #480オレンジ オープンエンド NO480-1.5-C5000

新品価格
¥2,396から
(2020/5/14 14:11時点)

昨年来の浜通いの頃から使い始めて細さのわりに強くそれでいて適度な伸びもあって耐久性も申し分がないことから「バンコード」は、クッションゴムとしては優秀な品物といえそうです。アマゾンでは釣り具専用の自作パーツ(前掲のダイワの品物)より高価になりますが、CDプレーヤー等の修理用にまとめ買いした物がまだまだありますので、これを使っていきたいと思っています。

作ってみます

使う道具は画像のものです。特に特殊なものはありませんが、糸を巻く場合にボビンホルダーがあれば作業がかなり楽にできます。これも自作品ですが重宝しています。自作の解説は別にブログに上げていますので、興味がおありの方はそちらをご参照ください。

最初にバンコードを適当な長さにカットします。カットははさみでもニッパーでも簡単にきれいに切れます。長さは、必要な長さに両端の折り返し分を加えた長さです。「カットしたバンコードにスナップ付きサルカンを通して折り返し、糸を巻いて瞬間接着剤で留める」これだけの工程です。

バンコードは両端を加熱して溶かし、溶けている間に溶着させてしまおうという商品です。私はたいていハンダ鏝で溶着させています。今回は(折り返し部分ですから)沿わせて溶着してみようと、カッターナイフをライターで炙って試しましたが上手くいきませんでしたので「糸を巻いて接着剤」というオーソドックスな方法を使っています。

しっかりと留めます

巻き始めは、粗く仮止めの要領で巻きます。仮止めができたら端から密にキッチリ巻きます。多少のばらつきは気にしません。あとで接着剤をしみこませて固定しますので「所謂、ゴムが抜けなければいい」ということだけに注意して巻き上げます。糸巻が完了したらハーフヒッチを2回繰り返して糸を固定します。

糸はこの段階では切らずに(少し長めに残して切っておいて)接着剤の後でカットします。巻いた糸に瞬間接着剤をしみこませます。たっぷりとしみこませるわけですが、しみこませすぎて垂れてきてもダメですので、垂れてこないレベルに注意してしみこませます。あとは乾燥させるだけですが乾くまで(接着剤をしみこませた部分が)他のものに触れないように気を付けることが必要ですね。

乾燥させたら余り糸をカットして完成です。念のため何度か引っ張ってみてテストしておいてくださいね。私は二通りの太さのバンコードを持っていますので、太い方を仕掛け全体のクッションとして使うときに、細い方をハリス部分だけのクッションとして使うときにと分けて考えています。(太い方を使うことは今のところありません)

少し高価ですが

バンコードは少し高価ですが、耐久性は抜群のようです。長らく使用しても伸び方に大きな変化はありません。しばらく交換しなくても平気そうですが、道糸が切れたり人にあげたりして数が減っていきますので時々作って補充しています。色がオレンジですので、私の作品は見てすぐにわかります。あげた人はずっと使ってくれていますので、見かけてはほっこりしています。ほかに熱溶着のクッション用素材があれば試してみたい気もしますが、今のところはこれで満足しています。

では、また。